ダブルワーク(Wワーク)をする際の税金(所得税)や確定申告でバレないように気を付けるべき注意点とは?

はるか
はるか
こんばんは!


遅くまでお疲れ様♪



あれ!はるかちゃんじゃん♪
また来てくれたんだね!
しんご
しんご

はるか
はるか
残業してるといつもこのぐらいの時間になっちゃうの・・・。

はるか
はるか
だから、夜遅くまで空いているコンビニには感謝してるわ!


お役に立てて光栄だよ♪
しんご
しんご


はるか
はるか
そういえば、しんご君に聞きたいことがあったんだ!


僕に応えられる事なら何でも聞いて。
しんご
しんご


はるか
はるか
私の弟がダブルワークをしたいと考えてるんだけど、所得税や確定申告について分からないみたいなの・・・。

はるか
はるか
だから、しんご君に教えてもらおうかと思って。


ゴメン・・・。

 

正直な話、僕もダブルワークについての所得税に関しては詳しくないんだ・・・。

しんご
しんご

はるか
はるか
そうだったのね。

はるか
はるか
本来なら弟本人が調べるべきことだから気にしないで♪


力になれずにゴメン・・・。
しんご
しんご


はるか
はるか
ってことがあったんですよ。


弟も色々と調べているんですけど、様々な条件があって良く分からないみたいなんです・・・。

はるか
はるか
先生、ダブルワークの所得税や確定申告について教えてもらう事ってできますか?

もちろんよ♪


それじゃあ、ダブルワークをする際に気を付けるべき所得税や確定申告について教えてあげるわ。

先生
先生


はるか
はるか
ありがとうございます!

先生って何でも知っててスゴイ!

 

ダブルワークする際の所得税に関連することとは?
ダブルワークする際に注意すべき「確定申告」とは?

ダブルワークする際の所得税に関連する事とは?

まず最初に、ダブルワークする際に関係する税金の「所得税」について解説していきます。

また、今回はダブルワークに着目しているので、会社員(正社員)の方々に適応する所得税を中心に解説しています。

 

所得税とは?

簡単に説明すると、所得税とは個人の給与所得に対してかかる税金のことよ。
先生
先生

 

所得税の計算方法としては、その年の1月1日から12月31日までの間に得た給与所得から「給与所得控除」「所得控除(基礎控除等)」を差し引いて算出される「課税所得」に対して、一定の税率を適用し計算されます。

はるか
はるか
む・・・むずかしい・・・。


順番に説明していくから安心してね♪
先生
先生

 

所得控除(基礎控除)とは?

「所得控除」とは、1年間の間に支払った社会保険料や生命保険の金額から計算した一定金額なの。
先生
先生


【主な所得控除】

  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除

「基礎控除」とは、納税者の給与所得から一律で差し引かれる所得控除の1つよ。
先生
先生


「控除」というのは「金額を差し引く」という意味があります。

○○控除という言葉が沢山出てきますが、ようするに税金の負担を調整されるために設けられたものと覚えておくと分かりやすいでしょう。

ちなみに、基礎控除額は令和2年より38万円から48万円に引き上げられているわ。
先生
先生


今伝えた基礎控除額は、給与所得が2,400万円以下だった場合に適応されるから覚えておいて。
先生
先生


はるか
はるか
先生、2,400万円を越える場合には基礎控除額はいくらになるんですか?

給与所得金額と基礎控除額については下の表を見てね♪
先生
先生

 

【納税者の所得金額と基礎控除額】

2,400万円以下(所得金額):48万円(基礎控除額

2,400万円超2,450万円以下:32万円

2,450万円超2,500万円以下:16万円

2,500万円超:0円

 

参考元: 国税庁 基礎控除

 

はるか
はるか
2,400万円を越えると、給与所得に応じて控除額が減っていくんだ・・・。

 

ていうか、2,400万円稼いでいること自体がスゴイ・・・!

 

給与所得控除とは?

「給与所得控除」とは会社員のような給与所得者の給与収入から、一定額差し引くことのできる控除額のことです。

分かりやすく説明すると、給与所得控除には下記の2つの意味合いがあります。

会社員と個人事業主との税制上の公平性
税処理の効率化

 

①会社員と個人事業主との税制上の公平性

会社員であれば仕事で使用する際に靴やカバン、スーツとかが必要になるわよね?


他にも、美容室にて髪型を整えるのも仕事において必要なことに該当するわ。

先生
先生


はるか
はるか
確かに・・・。

 

このように、仕事において必要不可欠な自己負担分の経費を、給与収入から控除する制度が「給与所得控除」という訳です。

個人事業主で例えるなら、給与所得控除は「経費」と同じと考えて頂いて構いません。

ちなみに、個人事業主にとっての経費は、事業をする上で必要な材料や道具を仕入れた金額だけではありません。

仕事で使用している携帯電話の通話料金や、水道光熱費、自宅や店舗の家賃等を経費として扱える事も可能です。

はるか
はるか
会社員とは違って色々と経費にできそうね。


ですが、会社員などの給与所得者には「経費」という制度がありません。

なので、個人事業主と会社員の公平性を保つために「給与所得控除」の制度があるという訳です。

だから、会社員にとっては経費に代わりとなるのが「給与所得控除」で、給与収入によって一律に算出する事になっているの。
先生
先生


はるか
はるか
なるほど!

 

②税処理の効率化

その他にも給与所得控除には「税処理の効率化」の働きがあります。

例えば、会社に務めている従業員1人1人の所得を、個人事業主のように経費として計算するとしたらかなり複雑になるし非常に手間がかかるの。
先生
先生
だから、大勢いる従業員の給与所得控除を一律で算出することで、税処理の効率化が図れているのよ。
先生
先生
はるか
はるか
1人1人経費を計算していたら、税務署の人達に大きな負担がかかりそう・・・。

続いては、給与所得控除がどのように算出されるか解説していきます。

 

給与所得控除の算出方法(令和2年以降)

給与所得控除の算出方法は下記の通りです。

  • 給与収入金額が1,625,000円以下:550,000円(給与所得控除額:以下同文)
  • 給与収入金額が1,625,001円~1,800,000円まで:給与収入×40%-100,000円
  • 給与収入金額が1,800,001円~3,600,000円まで:給与収入×30%+80,000円
  • 給与収入金額が3,600,001円~6,600,000円まで:給与収入×20%+440,000円
  • 給与収入金額が6,600,001円~8,500,000円まで:給与収入×10%+1,100,000円
  • 給与収入金額が8,500,001円以上:1,950,000円(上限)

 

※引用元:国税庁「No.1410 給与所得控除

 

例えば、給与収入金額が800万円の場合、給与所得者控除は下記の通りです。

【給与所得者控除】
8,000,000円×10%+1,100,000円=1,900,000円(給与所得者控除)

ちなみに、給与所得者控除の金額は給与収入の金額が多いほど控除額も多くなるけど、控除率は下がる仕組みになっているの。
先生
先生


はるか
はるか
給与収入に応じて変わるというわけですね!

給与所得控除と所得控除はとても似ている言葉だけど、全く別物なので注意が必要よ。
先生
先生


はるか
はるか
間違えないように気を付けなきゃ・・・。


給与所得控除の他にも控除できる制度があるから教えてあげるわね。
先生
先生


はるか
はるか
宜しくお願いします!

 

特定支出控除とは?

会社員の方の場合は、給与所得控除の他に「特定支出控除」という制度があります。

※特定支出控除とは「仕事の業務で支払が多くなった場合に控除できる制度」のことよ。

ちなみに、特定支出控除は給与所得控除後の「給与所得」から差し引くことが可能です。

はるか
はるか
ってことは、仕事で支払うものは何でも特定支出控除にしてしまってもいいんですか?

特定支出控除は何でもかんでも控除対象になるという訳ではないの。
先生
先生



特定支出控除として認められるのは下記の通りです。

 

1、通勤費
通勤時の交通費や支給額を越えた交通費を支払った費用

2、転居費
転勤による引っ越しに支払った費用

3、研修費
仕事の業務を実施する際に学ぶ際に支払った費用

4、資格取得費
仕事に必要な資格を取得する際に支払った費用

5、帰宅旅費
単身赴任をしている場合、配偶者の住む住居へ帰宅する際に支払った費用

6、衣服費
仕事場で着用する際に必要な制服(事務服、作業服など)に対して支払った費用

7、交際費
仕事上付き合いのある人物達と交際・接待する際に支払った費用

8、図書費
仕事する上で必要な書籍等を購入する際に支払った費用

※参考資料:No.1415 給与所得者の特定支出控除

6~8に関しては、6~8を合計して65万円までなら特定支出控除にすることができるわよ。
先生
先生

ちなみに、特定支出控除は会社から認められなければダメだから、勤務している会社から「特定支出に関する証明書」を貰う必要になるの。

 

それに、領収書が必要になるからしっかりと保管しておくようにね。

先生
先生


はるか
はるか
分かりました!

 

弟に伝える為にしっかりと覚えておかなきゃ!

 

特定支出控除額の算出方法

特定支出控除額は給与所得控除額の1/2を越える場合、越えた金額に応じて特定支出控除を受けることができます。

 

【特定支出控除額の算出方法】

特定支出合計額ー{(給与収入×10%+1,100,000)×1/2}=特定支出控除額


上記の計算式に当てはめる為、まずは先程ご紹介した「給与所得控除」の金額を算出する必要があります。

給与収入の金額が8,000,000円の場合「6,600,001円~8,500,000円まで」に該当するので、「給与収入×10%+1,100,000円」の計算方法で給与所得控除を算出します。

はるか
はるか
ってことは、8,000,000×10%+1,100,000円なので「給与所得控除額」は1,900,000円ですね!

正解よ♪


続いては、「特定支出控除額の適用判定基準となる金額」を出す必要があるわ。

先生
先生


適用判定の基準となる金額は、その年の給与所得控除額の1/2なので「1,900,000×1/2=950,000円」となります。

 

続いては、特定支出合計額を出しましょう。

仮に研修費(500,000円)+資格取得費(400,000円)+交際費(300,000円)=1,200,000円(特定支出合計額)と仮定します。

特定支出控除額は「特定支出合計額ー特定支出控除額の適用判定の基準となる金額」なので、1,200,000円ー950,000=250,000円と算出できます。

※先程の算出方法に当てはめた場合、下記の通りになります。

1,200,000円ー{8,000,000円×10%+1,100,000円)×1/2}=250,000円(特定支出控除額)

 

課税所得とは?

「課税所得」とは、給与所得から給与所得控除や所得控除(基礎控除)を引いた金額のことです。

※つまり「所得税」とは「課税所得」に対して一定の税率を適用したものなの。

※ちなみに、税率は所得金額が多いほど税率が高くなる「累進課税」という制度で計算されるのよ♪

はるか
はるか
弟の所得金額は大体3,000,000円だから、どれぐらいの増税額になるんだろう・・・。

 

課税所得の算出方法

ちなみに「給与所得控除額」「特定支出控除額」が判明した場合、所得控除の一種である基礎控除を引いたら「課税所得」を算出することができます。

8,000,000円(給与収入)ー1,900,000円(給与所得控除額)ー250,000円(特定支出控除額)ー480,000円(基礎控除)=5,370,000円(課税所得)となります。

以上を踏まえ、「課税所得」が5,370,000円と算出されました。

※後はこの「課税所得」に一定の税率をかけることになるのよ。

はるか
はるか
なるほど!

 

復興特別所得税とは?

復興特別所得税というのは、2011年に起きた東日本大震災からの復興施策として創設された税金で、
2013年1月1日~2037年12月31日までの25年間課税されることになっています。

【復興特別所得税 計算式】
646,500円(基準所得税額)×2.1%=13,576円(復興特別所得税)


ちなみに、基準所得税額を計算する際、課税所得が5,370,000円なので税率は20%となり、控除される金額は427,500円です。

【基準所得税額計 算式】
5,370,000円×0.2-427,500円=646,500円(基準所得税額)

最後に基準所得税額に「復興特別所得税(基準所得税額×2.1%)」を足した金額が「納税額」となるの♪
先生
先生

 

納税額の算出方法

納税額の算出方法は下記の通りです。

【納税額 計算式】
646,500円(基準所得税額)+13,576円(復興特別所得税)=660,076円(納税額)

ちなみに、従業員として働いている場合には、これまで解説してきた税務作業(年末調整)を会社の総務部や庶務課の方達が対応してくれているのよ。
先生
先生

はるか
はるか
そうだったんですね・・・。


とても有難いです!



所得税に関する「所得」や「控除」について、色々と解説していきましたがいかがでしたでしょうか?

これだけの税務作業を自分で計算しようと思うと、かなり大変だという事が理解できたかと思います。

はるか
はるか
先生、所得税に関する事はある程度理解できたんですけど、ダブルワークする上で他に気を付けるべき点はありますか?



もちろんよ♪


例えば、本業で収入を得ているのに、ダブルワークで働いている会社から一定以上の所得が発生している場合、自ら確定申告しなければならなくなる場合があるの。

先生
先生


はるか
はるか
そうなんですね・・・。

はるか
はるか
それじゃあ、その注意点ってのを教えてもらえますか?



分かったわ♪

それじゃあ、ダブルワークをする上で注意すべき点を説明するわね。

先生
先生

 

ダブルワークする際に注意すべき「確定申告」とは?

会社が税務作業(年末調整)を代行してくれるから、会社員の場合は確定申告はしなくてもいいと思っていませんか?

ですが、実際にはダブルワークで本業とは別の会社で収入を得た場合「確定申告」をしなければならないことがあります。

はるか
はるか
え!?


そうなんですか?


そうなのよ。


ダブルワークで収入が増えた場合、その増えた分を含めた給与所得(年間)の合計額に応じてかかるの。

先生
先生


本業で働いている会社では、その会社の給与所得分のみ清算しています。
なので、ダブルワークで得た分の給与所得分を正しく計算し、税金を申告する必要があるという訳です。

また、本業の会社にダブルワークをしている事をバレたくない方も中にはいると思います。
100%本業の会社にバレないという事は言い切れませんが、可能な限りバレないように対策する方法はあります。

はるか
はるか
禁止とまではいかないけど、弟の会社もダブルワークに対して印象が良くないって言ってたわね・・・。



それでは、ダブルワークをする際に注意すべき確定申告について解説していきます。

 

ダブルワークする際に確定申告が必要な主な3つのケース

本来であれば、会社で従業員として働いている場合、給与収入を受け取る場合源泉徴収されています。なので、年末調整をしていれば確定申告をする必要はありません。

その理由としては、会社が収入から税金を天引きし、年末調整で過不足の計算を代行してくれているからです。


【確定申告とは?】

1月1日から12月31日までの間に得た全ての所得にかかる税金を計算し、所得税を税務署に申告して納税する手続きのこと


だけど、本業の会社以外で収入を得た場合は、条件によって確定申告の対象となるの。
先生
先生

はるか
はるか
そうなんですね・・・。




確定申告が必要な場合の主な3つのケースは下記の通りです。

  1. 給与収入が2,000万円以上の場合
  2. 副収入の所得額が20万円以上の場合
  3. 本業以外の就労先から給与をもらっている場合

 

①給与収入が2,000万円以上の場合

会社員で1年間の給与収入が2,000万円以上の場合、会社に所属していても個人で年末調整をしなければならないのよ。
先生
先生


はるか
はるか
え!?

会社がやってくれるんじゃないんですか?

 


その理由は、所得控除の社会保険料控除や配偶者控除が差し引かれず、所得税や復興所得税が清算されないからです。

以上の理由から、自ら確定申告をしなければならないという訳です。

はるか
はるか
ていうか2,000万円以上稼いでいたら、ダブルワークをする必要もなさそう・・・。

 

②副収入(ダブルワーク)の所得額が20万円以上の場合

ダブルワークをした際の年間の所得が20万円以上の場合、「雑所得」として確定申告が必要となります。

20万円以上と言っても所得金額が対象となるので、年間の収入から必要経費を差し引いた所得額が対象となるの。
先生
先生


例えば、ダブルワークで得た収入が50万円で必要経費が40万円だった場合、所得は10万円となります。

なので、20万円以上に該当していない事から確定申告は不要となります。

はるか
はるか
上手い具合に所得額を20万円より少なくすれば、確定申告をしなくても良いってことですね。


そういうこと。


注意しなければならないのは、「所得額が20万円以上」という点ね。

「収入が20万円以上」という訳じゃないから、間違えないように気を付けて。

先生
先生


はるか
はるか
分かりました!

 

③本業以外の就労先から給与をもらっている場合

本業以外の就労先から給与収入を得ている場合、ダブルワーク先の給与収入を合わせて所得税を算出し直す必要があります。

なので、本業の会社にて年末調整を受けてたとしても、確定申告をする必要があります。

ちなみにですが、年末調整は一ヶ所の会社でしか行うことができません。

なぜなら、年末調整を受ける為に必要な「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出できる会社が一社と決まっているからです。

なので、通常であれば「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、ダブルワーク先の就労先ではなく、本業の会社に提出し年末調整を受けることになります。

結果として年末調整を行えるのは1社だけだから、本業以外の就労先から給与収入を得ている場合には、確定申告をする必要があるという訳なの。
先生
先生


はるか
はるか
年末調整って1社しかできないんですね・・・。

 

 

ダブルワークする際に確定申告する時の注意点

続いては、ダブルワークをする際に確定申告する時の注意点を2つご紹介します。

確定申告ができる期間

ダブルワークの確定申告をする際、申告できる期間が明確に定められています。

定められた期間とは、所得が発生した年の2月16日~3月15日の間です。

もし、上記期間に確定申告をしないと、加算税や延滞税等の税金を課せられる場合があるので注意が必要よ。
先生
先生


はるか
はるか
いつでも好きな時に確定申告できるというわけではないんですね・・・。

 

ダブルワークを本業の会社にバレる場合がある

ダブルワークをする上で、本業の会社にバレたくないという方もいらっしゃるかと思います。

バレたくない理由は人それぞれ。

  • 同僚や上司から仕事に専念していないと思われる
  • 他の人よりも多くの収入を得ていると思われる
  • 何かミスした際にダブルワークのせいだと思われる

 

周りの人達に上記のように思われたくない為、本業以外で働いていることを知られたくないのでしょう。

とはいえ、本業の勤務時間外であれば、基本的に自由にダブルワークすることが可能です。なぜなら、就業規則などでダブルワーク等を禁止することが法律で認められていないからです。

ですが、本業に支障が出る場合や、会社の情報が漏洩したり信用を失墜させた場合は、ダブルワークを制限されたり禁止されることも考えられるでしょう。

はるか
はるか
確かに、働いている会社に損失を与えた場合はマズイわよね・・・。

はるか
はるか
先生、ダブルワークで働いていることを、本業の会社にバレないようにすることは可能なんですか?


人為的なミスも考えられるから、100%バレないとは言い切れないわ。


だけど、今から紹介する3つのポイントを押さえておけば、何もしないよりもバレない可能性が高くなるわよ。

先生
先生


はるか
はるか
本当ですか!?


ぜひ教えて下さい!


それでは、ダブルワークをする上で、本業の会社にバレないように気を付けるべき3つのポイントをご紹介します。

  1. 住民税
  2. 社会保険
  3. 雇用保険

ダブルワークをする上でバレないように気を付けるべき注意点 

 

①住民税

本業の会社にダブルワークがバレてしまうのは、収入を得ることで住民税が増額してしまい、年末調整時にバレてしまう可能性があります。

【住民税とは?】
都道府県や市町村の地方自治体が、行政サービスを提供する為に住民から徴収する税金のこと。

会社が従業員に給料を支払うと、役所などの自治体へ「給与支払報告書」という書類を提出します。
そして、役所は給与支払報告書を受け取った後、住民税の額を計算し「住民税決定通知書」を、給与総額の一番高い会社へ送付します。

本業以外の会社で収入を得ていた場合は住民税の額にズレが生じるので、本業側の会社に何らかの収入を得ていることがバレてしまうのよ。
先生
先生


はるか
はるか
そうなんですか・・・。


じゃあ、ダブルワークをする際には、必ず本業の会社にバレてしまうという事ですか?


バレないように工夫する事はできるわよ。


方法としては、ダブルワーク分の住民税を自分で支払える状態にしておけばバレにくくなるわ。

先生
先生


結論としては、住民税を「特別徴収」ではなく「普通徴収」にすれば、本業の会社にダブルワークをしているとバレにくくなります。

住民税の徴取方法は下記の2種類。

【特別徴取とは?】
毎月の給与から住民税を差し引き、従業員本人のかわりに納付する方法

【普通徴収とは?】
納税者本人が市区町村に直接納税する方法

上記2種類の徴収方法ですが、会社の従業員は原則として「特別徴収」になります。

なので、特別徴収の場合、会社が支払っている給料と比較した際に、住民税の金額が高くズレていればダブルワークをしていることがバレてしまうということです。

はるか
はるか
じゃあ、どうすればバレないようにすることができるんですか?


それはね、ダブルワークで得た際に発生する住民税を「普通徴収」に設定すればいいのよ♪
先生
先生


確定申告時の住民税の納付方法の選択欄にて「主給与以外の所得を普通徴収で支払う」にチェックを入れます。

普通徴収を選択することで、ダブルワークで得た収入に関する住民税の通知が自宅に届くようになるのよ。
先生
先生


はるか
はるか
なるほど。


本当だったら会社に届く住民税の通知を、自宅に変更できるからバレないってことですね!


でも油断しちゃだめよ。


ダブルワークをしている所で同じ会社の人に遭遇してしまったり、インターネットを利用したSNS等のWEB上でバレてしまう事もあるから注意してね。

先生
先生


はるか
はるか
確かに・・・。

分かりました!

 

②社会保険

社会保険でも本業以外のダブルワークをしていることがバレてしまう可能性があります。

簡単に説明すると、ダブルワークがアルバイトやパートであり、ダブルワーク先の会社でも社会保険に加入すると、本業の会社にばれてしまいます。

その理由は、本業の会社にダブルワーク先の収入が記載された「健康保険・厚生年金保険資格取得確認、二以上事業所勤務被保険者決定及び標準報酬決定通知書」という通知書が送付されてしまうからなの。
先生
先生


はるか
はるか
住民税の特別徴収みたいにバレてしまうんですね・・・。


じゃあ、どうすれば社会保険から本業の会社にバレないように済むんですか?


それは簡単なことよ。


ダブルワーク先で社会保険に入らないようにすればいいのよ。

先生
先生

 

ちなみに、社会保険の強制加入条件は、下記すべての項目に当てはまると加入対象となります。

  • 週の労働時間が20時間以上
  • 月給88,000円以上
  • 雇用期間の見込み(1年以上)
  • 学生以外
  • 従業員501人以上

 

でもね、上記の項目をすべて満たすのは、本業で仕事をしていたらそうそうないわ。

 

ただダブルワーク先によっては、労働時間関係なく社会保険へ加入させられる場合もあるから、面接を受ける前に社会保険について聞いておいた方が無難ね。

先生
先生


はるか
はるか
良く分かりました!

 

 

③雇用保険

雇用保険に関しても、ダブルワークをする上で気を付けなければなりません。

雇用保険は複数の会社で加入できないようになっていますが、もしダブルワーク先の会社で雇用保険の加入手続きが行われると、本業の会社に通知が送付されるのでバレてしまいます。

対策としては前もってダブルワーク先の会社に「ダブルワーク」だという事を伝えておくといいわ。

 

 

他にも、働く時間を週20時間未満に抑えることで、条件を満たさないように調整する事も一つの手よ。

先生
先生

はるか
はるか
なるほど・・・。
しっかりと伝えられるように覚えておかなきゃ!

 

まとめ

ダブルワークをする際の税金(所得税)や確定申告について説明したけどどうだった?
先生
先生

はるか
はるか
さっそく教えてもらった事を、弟に伝えたいと思います。

ダブルワークも良いけど、身体を壊さないように気を付けてと伝えておいてね。
先生
先生


はるか
はるか
分かりました。


色々と教えてもらいありがとうございました!