でんきの学校|独立支援コースのご紹介

独立支援コースとは将来的に電気職人として独立開業し、経営者を目指す方の為の特別コースです。

独立し経営者となる為には「技術」があることは当然ですが「業界知識」「営業」「接客」「会社の数字管理の知識」等の知識や経験が必要です。

独立支援コースでは経営者を目指す際に必要な要素を少しずつ身に付けていただき、どんな不況の中でも安定した利益を確保し続けるようになって頂きます。

独立支援コースを2種類ご用意しておりますので、自分に合った方法を選択して下さい。

  1. 当社と期間を定めた雇用契約をしていただき、給料を得ながら学んでいく方法
  2. 30日間集中してエアコン取付工事を学ぶTambaCampに参加し独立する方法

 

①を選択された方は下記のバナーをクリックして下さい。

「ホームページ内の”独立支援コース”を見てお電話しました」とお伝えして頂ければ幸いです。

申し込んで頂いた方の現在の状況(背景)や技術力を参考に、雇用契約内容やカリキュラム内容を作成しご案内します。

②のTambaCampに参加し独立をする方を選択された方は、引き続きこちらの記事をご覧ください。

内容としては、TambaCampで実際に行われるカリキュラムの概要、参加条件や費用に関する情報を包み隠さずお伝えしています。

ちなみにですが、TambaCampとは・・・

様々なエアコン取付工事のパターンや接客マナー、継続的にお客様から依頼を頂く方法を、30日間集中して学ぶ事ができる唯一無二の特別研修です。

どんな不況でも安定した仕事量を受注し利益を上げ、会社を末永く存続させたいと望む方に対して「本当の稼ぎ方」を学ぶ環境を提供しております。

 

2021年1月から始まったTambaCampですが、11人の受講生の方が参加し全員卒業することができました。

今では、元気でんきの提携パートナーとして、全国各地域でエアコン取付工事や電気工事の案件をこなして頂いています。

また、TambaCamp1期生に継ぎ、TambaCamp2期生も卒業しました。

TambaCampの卒業生は、卒業後も現場で起きた出来事や有益な情報を共有し交流を深めており、TambaCamp中に学んだ「互いを成長させる姿勢」を崩さず切磋琢磨し続けています。

なので、TambaCampを卒業したらお終いという訳ではなく、卒業後も同じ現場に同行したり情報共有をするので、1人で学ぶよりも成長スピードがものすごく早いのが特徴です。

TambaCampについてかなり大まかにお伝えしましたが、まだあまりピンと来ない方もいらっしゃるかと思います。

というわけで、TambaCampではどんな事をし、何を得られるのか詳しく解説させて頂きたいと思います。

ちなみにですが、TambaCampを説明する際、かなり文字数が多いので読むのに結構時間がかかります。ですので、こちらの続きをご覧になる場合には、ある程度の時間を確保した上でご覧になって下さい。

 

TambaCampの概要

まず初めに、TambaCampの概要を解説させて頂きます。

TambaCampにて何を学び、何を実践するのかを項目毎にお伝えする予定です。

各項目(下記)をタップする事で、内容が表示される仕組みとなっています。

TambaCampに関するすべての内容を知りたい方は、上から順番に開いて見て頂けると理解が深まります。

  1. オリエンテーション
  2. 売れるコミュニケーション
  3. エアコン修理講座
  4. マナー基礎講座
  5. セールストレーニング  
  6. 実力テスト
  7. グループフィードバック
  8. エアコン特殊設置工事
  9. 電気工事講習
  10. 買取業務フロー
  11. 取付業務フロー
  12. 卒業試験 
  13. 契約説明会  
  14. 卒業式    
  15. TambaCampの参加条件 

 

①オリエンテーション

TambaCampの初日にはオリエンテーションを実施します。

オリエンテーションを実施する理由は、TambaCampに参加する上での心構えやルール、一日の流れ等を理解して頂く為です。

 

オリエンテーションの流れとしては、下記の工程で進めます。

  1. 自己紹介
  2. TambaCamp研修の心構えと概要
  3. コミュニケーションについて
  4. 研修スケジュール
  5. 施設使用ルールと注意事項
  6. 元気でんきの歴史
  7. 決意表明

 

1、自己紹介

TambaCamp期間中の30日間、同じ場所で過ごす仲間に自己紹介を行います。

仲間全員に自分を知ってもらえるようにアピールする場でもあります。

持ち時間は3分以内で、仲間、講師陣全員の前に立ち発表して頂きます。

発表する順番は挙手制となっているので、積極性のある方から自己紹介が始まります。次に発表する方は、次の方を手の平で指して指名し進めていきます。

共に過ごす仲間の自己紹介なので、関心を持って聞くことが重要です。

TambaCamp中、円滑なコミュニケーションを測る為にも、しっかりとメモを取ることをオススメしています。

 

2、TambaCamp研修の心構えと概要

TambaCampの研修は一般的な研修とは違い、プロになる為の貴重な時間です。

30日間と聞くと長いと感じるかもしれませんが、本気で学びに来ている方にとっては、30日間なんて一瞬の出来事かのように感じられるでしょう。

TambaCampで提供しているのは「基礎」「ヒント」です。

つまり、TambaCampでは「現場に合ったやり方を自ら考える力」を付けて頂くため、最初から手取り足取り指導するという訳ではありません。

「教えてくれないなんて親切じゃない!」

と感じるかもしれませんが、一日でも早く成長スピードを上げたいと考えているのであれば、手取り足取り指導してはいけないのです。

例えば、あなたがエアコン取付工事を学びプロデビューしたとします。

プロデビューしたということは、どんなに難工事だとしても1人でなんとか乗り越えなければなりません。いくら基礎的なエアコン取付工事を学んでも、必ず通用しない現場に遭遇します。

そんな時「自ら考え克服してみせる!」という強い気持ちが無ければ、難工事の現場に遭遇した時に何もできなくなってしまいます。

なので、TambaCamp受講生の方には「自ら考え行動し実践してみる」という意識付けをして頂きたいのです。

もちろん、どうしても分からない事があれば。チェックポイントやヒント等を示します。

それに、分からない事をそのままにしておくのは問題なので、自分で考えた後分からない場合には遠慮なく質問をして下さい。

また、TambaCampで提供しているのは技術だけではありません。技術だけであれば、何年も電気工事やエアコン取付工事をしていれば上達します。

ですが、技術だけに頼り過ぎると、将来的には安定した収入を継続的に獲得する事ができなくなります。なので、お客様と接する「接客」技術や、自己研鑽を怠らず責任感を持って仕事を全うする「マインド」面を強化する必があります。

TambaCampでは、「接客」「マインド」面を強化する事ができる環境が整っているので、世間一般の業者とは一線を画す存在になれるというわけです。

お客様に感動を与えられるレベルになれるよう努力することをオススメします。

 

3、コミュニケーションについて

TambaCampでは、3つのお願い事項があります。

  1. 大きいリアクション
  2. アラーム
  3. 挨拶

なぜなら、上記3つのコミュニケーションを意識する事で、成長スピードがものすごく早くなるからです。

①大きいリアクション

大きいリアクションを取る理由は、お客様にハキハキとした印象と信頼感を持って頂く為です。

TambaCampは30日間集中して行う研修なので、だんだん疲労やストレスが蓄積されることがあります。集中力を欠いた状態で研修を行うと、ケガや事故もとになることも考えられます。

とはいえ、

「そんな当たり前のことなんてできるわ!」

「バカにしてんじゃないよ!」

と思われるかもしれませんが、こんな当たり前の事でも世の中の業者はできていないのが現状です。なので、お客様にハキハキとした印象と信頼感を持って頂くためにも、今お伝えした3つの事項を意識しながらカリキュラムを進めています。

②アラーム

TambaCampに参加している間は、当然真剣に学びに来ていると思いますが、無理をして頑張って頂きたいということではありません。

無理をすることで病気や怪我に繋がる可能性があるので、体調不良や危機感を感じた時はなるべくはやく「アラーム」を発信して頂きます。

TambaCampに病気や怪我をしてしまうと、売上を犠牲にしてまで参加した意味が無くなってしまいます。

受講生の中には社員を抱えている方もいらっしゃるので、途中リタイアなんてことをしていては目も当てられません。

もちろん、病気やケガ以外の「アラーム」もあります。

例えば、分からない事をそのまま放置するのではなく、一旦自分で考えた上で講師に相談・質問するようにお願いしています。

また、実際に現場に出られるようになった時でも「アラーム」は重要です。

施工不良でお客様からクレームが入っている場合は、自分でなんとかしようとせず早めに連絡する必要があるケースがあるからです。

事が重大にならないよう、早めに連絡(アラーム)することを、TambaCampの研修内にてをお伝えしています。

 

③挨拶

TambaCampでは「挨拶」をとても重要視しています。

なぜなら、TambaCamp期間中、全員が日々気持ちよく過ごす為に必要だからです。

TambaCamp期間中に辛いことや嫌なこともあるかもしれません。

ですが、その辛さや嫌なことを声や身体で表現してしまっては、周りに悪影響を与えてしまいますし、自分自身も余計に辛くなってしまいます。

なので、TambaCamp研修中では、

研修始めに起立状態で「宜しくお願いします!」

研修終わりに起立状態で「ありがとうございました!」

と挨拶をするようにして頂いております。

 

笑顔で元気よく大きな声で挨拶をすれば、気分が向上するほかにも集中して研修を受けることができます。

ちなみにですが、気持ちよく挨拶をするとういうことは強制ではありません。

「講師陣に挨拶をしろ!」というわけでもありません。

TambaCamp中、時間と場所を共有する受講生、または講師に対して感謝と礼儀の気持ちを持ち挨拶することで、互いの成長スピードを上げることができるのでお願いしています。

当たり前のことをできない業者は世の中に多く存在します。

TambaCampに参加した方にはそうなって欲しくありません。

安定した収入を継続し稼いでいく為にも、挨拶はとても重要なので覚えておいてください。

 

4、研修スケジュール

続いては、TambaCampの研修スケジュールを解説します。

一日の基本的流れとしては、上記の内容となります。

また、一週間の流れは下記の通りです。

基本的に曜日と時間でカリキュラムを構築していますが、各受講生の成長度合いにより学ぶ内容が異なる場合があります。

元々エアコンクリーニング業などでエアコンに接する機会が多い方や、自動車業界や建築業界の経験がある方は、エアコン取付工事を学ぶスピードが早いケースが多いです。

手先が器用な方や不器用な方もいらっしゃるので、どうしても同じ内容を進めるという事は難しくなります。

厳しい言い方になるかもしれませんが、TambaCampでは学びの遅い方にカリキュラムを合わせることはしません。

なので、カリキュラムをこなすのが早い方には、どんどん新しいことに挑戦して頂きます。とはいえ、日々のカリキュラムの内容をこなすのが遅い方でも、その方に合わせた内容を提示しています。

それに、TambaCampではエアコン取付工事や電気工事の技術だけを評価していないので、手先が不器用な方でも多くの受講生から信頼・尊敬を集めている人もいます。

とはいえ、技術力がなければお客様に感動を与えることができないので、それ相応の努力をする必要があります。

TambaCampの技術研修では、まず講師が実演・解説し工事方法を紹介します。

その後、自ら工事に取り組み完了した後、品質基準を定めた「チェックシート」を自分視点でチェックします。

自分でチェックした後、講師を呼び品質のズレが無いか、チェックシートを基準に2人ですり合わせをします。

標準時間内に工事を完了させると共に、講師と受講生の「品質」チェックに問題が無ければ「科目合格」となります。

ちなみにですが、チェックシートには約35の科目がありますので、一つずつ合格を積み重ね成長して頂きます。

期間内にすべての「科目合格」を得ることで、最終週の「卒業試験」に進むことができるという訳です。

卒業試験では、実際のお客様先に出向いたような環境で試験を行います。

この「プロ認定試験」に合格する事ができれば、元気でんきと契約をし仕事をお願いするという流れになります。

卒業試験までの道程は決して楽ではありません。

時には傷付いたり、中には途中で諦めてしまいたいという気持ちがでてくることもあるでしょう。しかし、研修期間中に努力を重ね、自分を成長させることができれば十分に合格可能な内容です。

本気で学び成長したいと考えている方に対して、全力で支援する環境を整えているのでご安心下さい。

ちなみにですが、TambaCampの同期はライバルでありながらチームの一員でもあります。なぜなら、TambaCampを卒業後でも、実際の現場でチームを組むことがあるからです。

それに、今後さらなるスキル向上を目指す仲間でもあるので、実際に現場で起きた出来事の情報を共有する仲間でもあります。

また、誰かがいい加減な仕事をすると、結果的に仕事量が減ってしまうので、お互いに助け合いながら切磋琢磨していく必要があります。

全員が「技術」「接客」を身に着け、全員無事合格できるように助ければ幸いです。

 

5、施設使用ルールと注意事項

続いては、TambaCampの施設仕様ルールと注意事項をご説明します。

TambaCamp期間中は、多くの受講生との共同生活なので、利用中の施設維持管理は利用者が行うルールとなっています。

例えば、共同部の消耗品補充作業やゴミ処理、整理整頓などを遵守して頂きます。

また、地域住民の方々に迷惑にならない配慮や、毎日の清掃にご協力頂いています。清掃する際の場所や日時に関しては、ローテーションで担当する形式を採用しています。

他にも、食事や洗濯、ゴミ出し等のルールを、しっかりと守って頂くようにご協力して頂いています。

 

6、元気でんきの歴史

TambaCampを開校するキッカケとなった出来事や、元気でんきがどのように発展したか代表自らお話します。

元気でんきは会社を設立してから20年経ちます。

世間では20年会社が存続する確率は「0.4%」

かなり確率の低い中、今まで会社を存続してこられたのには明確な理由があるんです。では、元気でんきはなぜ生き残ることができたのか?

創業当時は今現在の事務所ではなく、自宅の敷地内の倉庫を拠点とし創業しました。しかも、お客様が0の状態からです。

まずは一人親方として、日当数万円の電気工事の仕事を数多く請け負ってきました。様々な現場を実績を積むことで、知識や技術、信頼を獲得していったのです。

お客様に感動して頂けるように働いた結果、数多くのお客様から元請けとして仕事をして欲しいとお声をかけて頂きました。

そうすると、一人親方から下請業に変わり、電気工事に関する大きな案件を任される状態に。ちなみにですが、このようにお仕事が頂けるようになる為には、お客様に対して感動レベル仕事を提供していない限り声が掛かり事はありません。

スリッパを綺麗に揃える、身だしなみを整える、言葉遣いを丁寧にする、作業する前よりも現場の状態を綺麗にする事を徹底したことにより、感動レベルの仕事を提供しお客様に満足して頂きました。

当たり前の事なのですが、プロとして電気工事をするのであれば「技術」があることは言うまでもありません。つまり、ただ単に電気工事ができるだけでは、感動レベルの仕事を提供する事ができないので大きな案件を頂くことができないという訳です。

大きな案件をこなすことで経営が安定し、どんどん業績は伸びていきました。

会社が上手くいくことは、すべての経営者が望むことだと思います。

ですが、下請業として大きな現場に関わっていると、お客様から直接「ありがとう」という感謝の言葉を頂く機会がありません。なぜなら、大きな現場にはお施主様がいるわけではないからです。

もちろん、作業する際には感動レベルの仕事を提供しますが、お客様からお礼を頂く機会はありません。

ほとんどの場合、現場監督からの指示を受けるだけです。

以上のことから、お客様から直接感謝されるような「働き甲斐のある仕事」をしたいと思い、新しい独自の事業と展開する事にしました。

その事業というのは、お客様から直接お仕事をいただく「電気の駆けつけサービス」です。

内容としては、エアコン取付工事や換気扇交換工事、照明器具取替工事、アンテナ新設工事、漏電調査等、電気に関わる工事です。

もちろん、ただ単にお願いされた工事をするわけではありません。

お客様からしっかりとヒアリングし、電気工事のプロとして「情報提供」し満足して頂く結果を出せてこそ、感動レベルの仕事をお客様に提供する事ができます。

その後、数多くの電気工事をしていく上で、お客様から「中古のエアコンは無いの?」というご意見を頻繁に頂くようになりました。

市場を調査してみると、その当時はまだ「中古エアコン事業」をしている会社はどこにもありません。

お客様が望む「あったらいいな」を実現する為に「中古エアコン事業」を立ち上げました。

中古エアコン事業では、お客様からエアコンを買取したり、中古エアコン本体を販売しています。

そこで、大きな壁にぶつかりました。

それは、元気でんきが求める接客レベルで、中古エアコンを取付ける業者が圧倒的に少ないという事実です。

お客様が中古エアコンを購入する際、ほとんどの場合工事もセットで頼みたいと考えています。元気でんきの従業員であれば、お客様にどうやって感動して頂けるかを教育しているので安心して任せることができます。

ある程度の数であれば自社で対応する事ができますが、夏場の繁忙期になるとどうしても人手不足に陥り対応する事ができなくなります。

このままでは、すべてのお客様に感動を届けることができないので、どうしたらいいのか考えていました。

試行錯誤した結果、元気でんきが求める接客レベルやクオリティを提供する事ができる「提携パートナー」を育成する機関「でんきの学校」を開校することに。

でんきの学校では、2日間で基礎的なエアコン取付工事を学べる「家庭用エアコン取付講習」を開催しております。今現在、全国で800名以上の卒業生を輩出しております。

ちなみにですが、今回ご紹介している「TambaCamp」とは、家庭用エアコン取付講習に参加して頂いた受講生の中から優秀な受講生を選定し、元気でんきが求めるレベルに成長できる研修期間です。

着実に元気でんきの求めるレベルの提携パートナーが増えているので、数年後には全国各地のお客様に感動を届ける日も近いでしょう。

元気でんきはこのようにして20年成長してきました。

 

⑦決意表明 

オリエンテーションの最後に、受講生・講師全員の前で「決意表明」をして頂きます。決意表明する理由としては、TambaCamp開催日数である30日間をどのように過ごすのか、しっかりと腹に落とし込む為です。

決意表明の内容としては、下記の通りです。

  • TambaCampを卒業後、自分はどうなっているか?
  • その為にTambaCampでは何を決意し行動するのか?

 

TambaCampに参加している受講生の方々は、自らの仕事を止め30日間真剣にエアコン取付工事や電気工事を学びに来ています。

しっかりとした目標を立て全員の前で表明する事で、30日間の間1日も無駄にすること無く真剣に取り組むことができるでしょう。

ちなみにですが、決意表明は変更する事が可能です。

TambaCamp中に成長し、レベルの高い決意表明に変更しても大丈夫です。

決意表明の内容はTambaCamp施設内に飾られます。

他の受講生の決意表明も確認する事ができることから、お互いに刺激し合い成長していける環境を作り上げることができます。

これらはすべて、TambaCampでしか無しえないことです。

 

②売れるコミュニケーション

TambaCampでは基本的に週に一度、技術面や接客面、マインド面の座学が選定され一日通して学びます。

座学の中でも「売れるコミュニケーション」という教育カリキュラムがあります。

この「売れるコミュニケ―ション」というのは、某大手トレーニングジムのトレーナーを教育した実績のある有益なカリキュラムです。

基本的には数名のグループを形成し、各テーマについて学んだことを仲間にシェアすることで、自らの思考を整理することができます。

人前で話す訓練も兼ねていますので、実際にお客様や自社の社員を前にしても堂々と話すことができるようになります。

また、カリキュラムの中には、心理学をベースにしたコミュニケーションの取り方などもあり、お客様から「また頼みたい!」と言われる為に何をするべきかを理解することができます。

TambaCampではただ単にエアコン取付工事を学ぶだけの技術を教える場所ではありません。

このコラムを見ている方もご存じの通り、仕事をする上で一番難しいのは「集客」です。いくら仕事ができると言えど、肝心の仕事を頂くことができなければ1円にもなりません。

なので、TambaCampでは技術面だけではなく「本当の稼ぎ方」を学ぶことで、どんな不況でも安定した収入を継続的に得ることができるカリキュラムとなっています。

先程もお伝えしましたが「売れるコミュニケーション」の研修は、外部の敏腕コンサルタントの方にわざわざTambaCampまで来ていただき直接指導して頂いています。

TambaCampの参加者であれば、エアコン取付工事を学ぶ他にも、独立後に必ず役に立つ「稼げる方法」を身に付けることができるます。

この価値を判断する事ができ、自分の将来の為に活かせる方に参加して頂ければ幸いです。

 

③エアコン修理講座

「売れるコミュニケーション」という教育カリキュラムの他にも、実際の現場で起きる事例を紹介する「エアコン修理講座」を開催しております。

 

エアコン修理講座では下記の5つの内容を学ぶことができます。

  • 1、エラーコード表示方法
  • 2、フレア加工不良対処方法
  • 3、水漏れ対処方法
  • 4、隠ぺい接続確認方法
  • 5、冷媒ガス補充&回収方法

 

1、エラーコード表示方法

エラーコード表示方法では、エアコンが故障していると依頼を受けた場合、リモコンでエラーコードを表示する方法を学べます。

講座内ではとあるメーカーのエラーコード表示方法を事例に、どのように表示するのか解説してもらえるのでとても勉強になります。

長年現場で活躍していた経験がある講師なので、他メーカーでの調べ方も聞いてみるといいでしょう。

※基本的にはメーカーやインターネットに記載されている場合があるので、一度自分で調べた上で分からない場合に聞くと良いでしょう。

ちなみにですが、リモコンでエラーコードを表示し原因を特定する方法以外にも、室内機にて運転ランプやタイマーランプの点灯・点滅を確認し、どんなエラーが起きているのかを把握する事も可能です。

各メーカー、機種によりエラーコードの把握の仕方が異なるので、実際に多くの現場に出てみて色々と学ぶこが一番かもしれません。

ですが、TambaCampを卒業し提携パートナーとなった方は、当然プロとしてお客様から見られます。以上を踏まえ、修理講座で学んだこと以外にも、色々と調べてみることをおすすめします。

 

2、フレア加工不良対処方法

フレア加工不良対処方法では、異常状態であるフレアを確認する事ができます。

  • コーン、位置不良によるキズ
  • リーマー、やすりがけの切子付着
  • コーンに付着したゴミによるキズ
  • 加工後の衝撃による変形
  • バリ取り不足による段差
  • 曲がったパイプ使用に扁平

 

上記のように、異常状態であるフレアを把握することができます。

エアコン取付工事の中でも、フレア加工はとても重要な工程の一つです。なぜなら、このフレア加工が正しく出来ていないと、ガス漏れの原因に繋がるからです。

せっかく取付けたエアコンがガス漏れした場合、修理にかかる冷媒ガス等の材料費や、修理に出向く際の人件費がかかります。

このように、正しいフレア加工を覚えておかないと大きな損失に繋がる恐れがあるので、フレアに関する異常状態がどのようにして発生するのか理解するようにしましょう。

このフレアの異常状態は、フレアを加工する「フレアツール」によって発生する場合があります。エアコン取付工事をするのであれば、しっかりと工具をメンテナンスすることも重要です。

様々なフレアの異常状態を把握し、どのように対処すればいいのかしっかりと学びましょう。

 

3、水漏れ対処方法

続いては、室内機から水が漏れてきた時の対処方法を解説します。

室内機から水が漏れてきた時には、下記の3つを確認するようにしましょう。

  1. 水が流れるように勾配が取れているか?
  2. ドレンホース接続部の緩みや抜けが無いか?
  3. ドレンパンやドレンホース内で詰まっていないか?
3-1 水が流れるように勾配が取れているか?

水漏れ対処方法の1つ目は、エアコンの室内機が傾いていないか確認します。

なぜなら、エアコンの室内機が傾いていることで、水が外へ流れなくなり室内機から水が漏れてくる場合があるからです。

もし、室内機の水平が怪しい場合、まずは室内機に水平器を当て確認して下さい。万が一、明らかに水平がとれていない場合には、一度エアコンのガスを回収し室内機を取外し、背板の位置を調節する必要があります。

背板の位置を調節するには、関らずガス回収しなければならないので、かなりの手間と費用がかかります。

一番恐れているのは、お客様からの信用を失うことです。

1台室内機の水平が取れていなければ、取付けた他のエアコンでも水漏れが起きる可能性があります。背板を取付ける時点で、しっかりと水平を取る意識を強く持つようにしましょう。

ちなみにですが、水の勾配は室内機の傾きだけではありません。

ボードファスナー等のアンカー設置不良等により室内機が手前に傾いてしまったり、ドレンホースがスリーブ内にて逆勾配になっている可能性も考えられます。

室内機が手前に傾いている場合には、冷媒ガス回収後に室内機を取外し、新たな場所にボードファスナー等のアンカーを打ち直す必要があります。しっかりと室内機が手前に倒れない事を確認するようにしましょう。

また、ドレンホースがスリーブ内にて逆勾配になっている時は、配管の位置をずらして対応できるか確認します。運が良ければ配管の位置をずらすだけで勾配が取れ、水漏れの原因を解消することができるかもしれません。

メーカーによっては、室内機のカバーを外すことができる機種もあるので、一度室内機カバーを取外した後、ドレンホースの位置を調整できるか確認して頂きます。

室内機カバーを外してもドレンの勾配を修正できない場合、やはり冷媒ガスを改修した後ドレンホースの調整をするしかありません。

エアコン修理講座では様々な水漏れパターンを把握する事ができるので、実際にエアコンを取付ける際注意しながら作業することができます。

特殊なケースでの水漏れがある時もあるので、実際に講師に聞くと勉強になります。

 

3-2 ドレンパンやドレンホース内で詰まっていないか?

水漏れ対処方法の2つ目は、ドレンパンやドレンホース内の詰まりです。

なぜなら、エアコン使用時に生じるホコリやゴミが蓄積する事で、ドレンパンやドレンホース内にて詰まってしまい、水が流れないようになっているかもしれないからです。

エアコンを使用すると、室内機内にホコリやゴミが溜まります。

一度エアコンの全面パネルを開けて、フィルターを確認してみると理解できるでしょう。

室内に舞っているホコリやゴミがドレンパン内に落ち、どんどん溜まっていったらどうなると思いますか?

水が流れないほどのホコリやゴミが、ドレンパンやドレンホース内に溜まってしまうと水が流れなくなり、室内機から水が溢れてくるという訳です。

もしそうなってしまった場合どうすればいいのか?ということですが、まずはエアコンドレンホースクリーナーを使用し対応します。

ホコリやゴミが詰まっていた場合、ドレンホースから黒い液体が出てくることが多いです。

もしエアコンドレンホースクリーナーでも解消しない場合、エアコンクリーニング業者に依頼し分解洗浄してもらう事をおすすめします。

壁に掛けたまま洗浄するクリーニングの方法では、ドレンパン内を綺麗にすることが出来ない為、専門の業者に依頼するのであれば、分解洗浄で依頼した方が良いです。

修理依頼に出向いたとしても、状況によってはすぐに対応できない場合があります。だとしても、お客様としては水漏れをどうにかして欲しいので、何らかの対策案を提示する事がプロです。

さまざまなケースを想定し、少しでも早くお客様の悩みを解消するように努めましょう。

 

3-3 ドレンホース接続部の緩みや抜けが無いか?

水漏れ対処方法の3つ目は、ドレンホース接続部の緩みや抜けが無いかです。

エアコンを設置する際、室内機側に付属されているドレンホースを付け替える場合があります。その際、しっかりと奥までドレンホースを固定しないと、何らかの要因にてドレンホース接続部が緩んだり、抜けてしまうことがあります。

もし、お伝えしたような状態になってしまうと、室内機内から水が漏れ出しお客様に多大な迷惑を掛けてしまう事になります。

色々と調査した後、ドレンホースの接続口が怪しいと感じた場合、室内機カバーが外れるかどうか確認します。メーカーや機種によっては室内機カバーが外れるエアコンもあるので、取外せるかどうか一度調べてみましょう。

室内機カバーを取外すことができる場合、ドレンホースの接続口を修復できるかどうか試みます。

もし修復出来ないのであれば、勾配の時と同じように一度室内機を取外し、ドレンホースの接続口を正しく取付けましょう。

ドレンホース接続口は、そのまま押し込んで取付けるタイプや、ビスで固定する場合の2種類があります。ビスで固定する場合は余程の事が無い限り外れませんが、配管を形成している際に引っ張ってしまい、ドレンホースが緩んだり抜けてしまうこともあります。

以上のことから、エアコン取付工事をする際には、ドレンホース接続口に注意するようにしましょう。

 

4、隠蔽接続確認方法

隠蔽接続確認方法を知ることで、室内機裏側の壁から水が漏れるのを防ぐことができます。

隠蔽配管とは、すでに壁の中に配管や配線、ドレンホースが設置してある特殊な施工の一種です。

主に人口の多い都心部の高級マンション等に多く、室外機の設置場所が無かったり、室内の見栄えをよくするために上記図のように配管等が壁内に収納されています。その際気を付けるべきなのは「ドレンホース」です。

ドレンホースをしっかりと塩ビ管の中に入れておかないと、水漏れした際には下の階まで水が流れてしまい、非常にマズイ状況に陥る可能性があります。

例えば、下の階の天井面から水漏れしてきたりした場合、とんでもなく大きなクレームが来るケースです。

しっかりと隠蔽配管の接続方法を理解しておくことが、クレームを防止する際に役立ちます。

「お客様から室内機の下側の壁が脆くなっている」等の情報を得た場合、ドレンホースが塩ビ管に接続されているか確認する様にしましょう。

配管や電線などに余裕がある場合には、室内機を少しだけ上にあげドレンホースを確認して下さい。

確認する事が難しければ、一旦ポンプダウンをし冷媒配管を解除した後に、しっかりと確認するようにしましょう。

 

5、冷媒ガス補充&回収方法

エアコン修理講座では、冷媒ガスの種類や専用の工具の使い方、ガス回収時の構造など分かりやすく解説しています。

ちなみにですが、でんきの学校で開催している「家庭用エアコン取付講習(2日間)」では、基礎的なエアコン取付ができるようになる講習なので、冷媒ガス補充や改修方法を学ぶことはありません。

しかし、TambaCampではエアコン取付工事のプロになって頂き、様々な現場で活躍してもらう予定なので、エアコン取付工事以外の知識も覚えて頂きます。

ちなみにですが、エアコンが故障する際にガスが抜けているケースが多く、ガス補充は修理の中でも比較的多い部類に入るのも事実です。

エアコン修理講習ではどのように冷媒ガスを補充するのか、どのように冷媒ガスを改修するのかを分かりやすい図を用いて解説しています。

ガス回収する際に必要な資格や受講方法も案内しているので、仕事の幅を拡げたいと考えている方におすすめしています。

ここまで、エアコン修理講座の5つの内容をお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか?

  • 1、エラーコード表示方法
  • 2、フレア加工不良対処方法
  • 3、水漏れ対処方法
  • 4、隠ぺい接続確認方法
  • 5、冷媒ガス補充&回収方法

 

お客様からエアコンの修理依頼を受けた際には、しっかりと原因を追求し解消しなければなりません。その為には、今回お伝えしたような対処方法をいくつも覚え、すべてに対応できるようになりましょう。

ちなみにですが、エアコン取付工事はエアコンをただ単に取付けただけで終わりではありません。

万が一何らかのクレームが起きた際には、しっかりと責任を持って対処する事が非常に重要です。自ら取付けたエアコンに対してクレームを受けた場合には尚更のこと。

TambaCampでは、しっかりと修理・クレーム対応できる状態となる為にも、色々な修理パターンを学ぶ事ができます。

プロとして活動していく為、自信や責任を持って対応するようにしましょう。

 

④マナー基礎講座

TambaCampでは、技術以外にもマナー基礎講座という研修も取り入れています。

マナーを学ぶという事は、相手に心地よく感じてもらう為の心配りを学ぶということです。例えばですが、自らの立場を下に置いたり、自社メンバー以外は皆上に置かなければいけません。

「マナーぐらいどうってことないじゃん」と思われているかもしれませんが、しっかりとしたマナーができていないと、相手に仕事ができない人というレッテルを貼られ信用を失います。

ただ、マナーをすべて覚えるのには、一朝一夕で身に付くものではありません。なので、TambaCampでは「マナー基礎講座」という形で、お客様対応する際のマナーをお伝えしています。

仕事中に使用する基礎用語や食事の際に座る席の位置など、実践に活かせる内容を中心に学ぶ事ができます。例えば、取引先の社長とお食事する際や、経営セミナー後の懇親会等でどこに座れば良いのかが分かるようになります。

万が一、間違って上座に座ってしまっては、常識を疑われ信用を落とすことに繋がりますので注意が必要です。

また、席次以外にも「電話対応」「名刺交換」等、ビジネスシーンにおいて覚えておかなければならないマナーをお伝えしています。

電話対応では、電話対応の重要性をお伝えしています。

電話に出る時には、受講生の方が「会社の代表」となります。それに電話ではお互いの顔が見えないので「簡潔」「明るく」「テキパキ」が基本です。

また、電話対応する上で学ぶべき8つの項目や、実際にお客様と電話対応していることを想定した「ロールプレイング」を行っています。

ロールプレイングでは、実際に元気でんきの提携パートナーとして対応して頂くトークスクリプトを準備しております。

実際に現場に向かう前にしっかりと練習しておくことで、頂く報酬以上の満足感を提供することができるようになります。

このように、TambaCampではエアコン取付工事だけができる提携パートナーになって頂きたいとは考えておりません。

エアコンを取付ける技術は当然で、接客、営業、マナー、マインドが伴ってこそ、本当の稼ぎ方を知っている業者であり経営者です。

不安定な時代でも、安定して稼げるようになりたいのであれば、しっかりとしたマナーを学ぶ必要があるということです。

TambaCampで研修を行う目的としては、仕事で「継続して成果を出す」為に行います。

TambaCampでは、見て、聴いて、考えて、発信して、練習して、また考えて、練習して、また考えて、いつでもできるように習慣にするように指導しています。

研修から仕事へのステップとしては、知っていることとできていることは違うので、実行して成果を出し、さらに継続して成果を出し皆に共有して頂きます。

受講生全員が成長するにつれ、得られる情報が何十倍にも増えるので、その分成長スピードも格段に上昇します。

本気で「お客様から選ばれる人」になりたいのであれば、ぜひTambaCampに参加してみて下さい。

TambaCampに参加する際には、「家庭用エアコン取付講習(2日間)」に参加し、優秀者に選ばれなければなりません。

家庭用エアコン取付講習に興味を持たれた方は、下記のバナーをタップして下さい。

 

⑤セールストレーニング

TambaCampでは「セールストレーニング」を学びます。

セールストレーニングを学ぶのには3つの目的があり、

  1. エアコンの市場を学ぶ
  2. 営業の重要さについて学ぶ
  3. コンプライアンスについて学ぶ

上記内容を学ぶためにセールストレーニングを実施しています。

1、エアコンの市場を学ぶ

まず最初にエアコンの業界構造を学びます。

2017年から2020年にかけて、年間の出荷台数は900万台に及びます。

各メーカーがこれだけ多くのエアコンを出荷するということは、それだけ既存のエアコンが故障し取替工事が必要だという訳です。

また、家庭用エアコンの普及率は約90%程です。

エアコンを保有している仮定の1世帯あたりの保有台数は、2018年末時点で3.22台となっています。なお、総務省の住宅・土地統計調査では、2018年度の1住宅当たりの居住数は4.42室です。

この数字から見えるのは、全国のご家庭で大体一部屋に1台エアコンが取り付いているという事が把握できます。ちなみにですが、家電製品であるテレビや冷蔵庫、洗濯機等は、エアコンのように3台も4台無くても生活することができます。

ただ、エアコンに関しては1家に数台必要となります。なぜなら、下手をすればエアコンがない事で命に危険が及んでしまうかもしれないからです。

例えば、室内の温度が30度以上のような猛暑日に、小さなお子様や高齢の方が長時間いた場合どうなるでしょうか?

脱水症状や熱射病に陥り、下手をすると命を落としてしまう可能性があります。

猛暑日にテレビや洗濯機が1台壊れてしまっても、命に危険性はありませんよね?つまり、このご時世エアコンは無くてはならない家電製品というわけです。

また、内閣府の「消費者動向調査(令和元年)」によれば、家庭用エアコンの平均寿命は約14年であり、買替理由の最も多いのは「故障」が原因で約70%を占めています。

このように、エアコンの市場はとてつもなく大きいことから、事業を展開していくに値するということが分かります。

TambaCampでエアコン取付ができるようになれば、数多くの案件を提携パートナー様に依頼する事が可能なので、しっかりとエアコン取付を覚えて頂ければと思います。

 

2、営業の重要さについて学ぶ

またセールストレーニングでは、②営業の重要さについて学びます。

世間一般的に「営業」とは、お客様に「買ってください!」と下手になってお願いしているイメージや、常にぺこぺこしていたり嘘をついているといったイメージがあるかと思います。

もちろん、頭を下げたりお願いする事で商品やサービスを購入してくれたら、営業している方々からしてみれば喜んで頭を下げて営業するでしょう。

ただし、現実には頭を下げた所で、誰も商品やサービスを購入してくれることはありません。つまり、どんな事業であっても、営業なくして商売は成り立たないというわけです。

実際にはお客様と私達双方にメリットがあり、どちらも得をするラインを探して提案することが必要という訳です。

元気でんきのお客様は、大きく分けて一般消費者と法人企業を対象としています。

一般消費者の方々から案件を頂く際、元気でんきの自社サービスの一環である「エアコン買取王」「エアコン販売王」のWEBサイトから集客します。

WEBサイトから集客すると言っても、WEBで販売する事はそう簡単ではありません。

WEBで販売を伸ばす際には、「SEO」「広告」に力を入れる必要があります。

中でもSEOでは規模も予算も桁違いの大手に対して、創意工夫や数千、数万回に及ぶ実験を繰り返し結果を伸ばしてきました。

また、法人企業様に対しては、主に新品のエアコンや電気工事の仕事を任せて頂く為に訪問営業を行っています。

実際、エアコン販売王は順調に成長していますが、それだけでは物足りません。

そこで、4人の営業チームでは誰に営業するべきか徹底的に調査し、数百回以上に及ぶテレアポや飛び込み訪問などを試みました。

その結果、営業活動開始当初の実績は半年で、わずか数万円・・・。

それでも、元気でんきの営業チームは、成功するまで営業活動をしつこく繰り返し、成功するまで改善し続ける意思を持っています。もちろん、成功してからも実験を繰り返し改善を継続することには変わりありません。

幾度の営業活動をした結果、改めて考え直す機会がありました。

その際に発見したのが「不動産管理会社」の重要さです。

現在の我が国における持ち家と賃貸(借家)の割合は、持ち家が61.7%、賃貸が35.6%と持ち家の比率が高く増加傾向にあります。

ちなみにですが、賃貸の管理は「不動産管理会社」が一括して請け負っていることが判明しています。つまり、法人営業では全国各地に莫大な賃貸物件を保有している「不動産管理会社」から安定的な案件をいただく事で、高頻度リピートが期待できるという訳です。

今現在、元気でんきと提携している「不動産管理会社」の案件数は、右肩上がりで上昇しています。

人に聞けば知っているような大手企業とも提携することができ、案件数をこなすのに人材が不足しているぐらいです。ですが、逆に考えれば少しでもトラブルを起こしてしまい、出入り禁止となってしまうと巨額の損失が生じます。

今現在、元気でんきではTambaCampの卒業生の方々に提携パートナーとなって頂き、数多くの管理会社物件の案件をこなして頂いています。

仮に提携パートナーの方が大きなクレームを出してしまい、法人企業を1社失ったとします。

規模によっては1案件失うだけで、数億円の売上を失うことも・・・。

万が一、提携パートナーの方のクレームにより数億円売上が減ってしまったら、弊社も損害を被りますが提携パートナーの皆様にお出しする案件数が減ると同意なので、お互いに不利益ということになります。

大きなクレームの中には、もちろん施工に関することもありますが、ほとんどのケースでは報連相の不備や当たり前のことが出来ていない事によるクレームばかりです。

実際に元気でんきの提携パートナーの方でも、クレームを引き起こしてしまうことがあります。接客マナーや在り方について学んできた方々でさえクレームを起こしてしまうので、どれだけ人材を育てるのが難しいことか・・・。

このようなクレームが起きてしまった際のトラブル対応については、何とか火消しをする為に営業チームが謝罪をして廻ってくれています。

謝罪すること自体は営業の仕事の一部なので問題無いのですが、その際に状況が分からなかったり不正確であると、誠意ある謝罪をし火消しすることができません。というわけで、ミスを一つでも多く減らすようにお互いに努力する必要があると考えています。

それでも人間なのでミスをすることはあるでしょう。

もちろん、提携パートナーの方々だけでなく、元気でんきのメンバーも営業チームもミスをします。なので、ミスが起きクレームが発生しないように、ミスを1つでも多く減らすようにお互いに努力すべきと我々は考えています。

それでもミスが起きた場合には、誠意を持ってお客様に謝罪しなければなりません。

以上を踏まえ、トラブルやミス、クレームが起きた際には、直ちに「アラーム」を鳴らしてください。

状況が悪化した時こそ直ちに営業チームに連絡すれば、大きな問題になるのを回避することがほとんどです。

TambaCampを卒業した提携パートナーの方々と、元気でんきメンバーや営業メンバーはチームですから、お互いに助け合っていきたいと考えています。

営業チームは提携パートナーの皆様を支援する組織です。

 皆様がTambaCampでの研修を開始する以前、2020年の11月から皆様にお出しする案件確保の営業活動を開始しています。

 皆様に恩を着せたいのではありませんが、営業チーム4人にて分担し朝から夜までほぼ休みなく活動しています。

今お伝えしたのは、 普段は見えない所からも皆様を応援する者がいることを知って頂きたいのです。

 

 はじめての環境で、はじめてのことを学ぶのは何かと大変とは思います。

 もしかしたら挫けそうなこともあるかもしれません。

 でも、元気でんきは「努力を継続する方を見捨てない」会社です。

 営業チームは、皆様がTambaCampの研修を乗り越えて見事卒業されることを楽しみに待っています。

 卒業後からだんだんと仕事を増やし、夏にピークを迎えるように私達も頑張って、日々緊張感をもって仕事をしております。

共に繁栄する為、お互いに協力しながら成長していきましょう。

 

3、コンプライアンスについて学ぶ

弊社は多数の管理会社様とお付き合いさせて頂いている為「コンプライアンス」に力を入れています。なぜなら、エアコンを含む電気工事等は、沢山の法律、許認可が絡んでいるからです。

当初は自社のコンプラ強化の取り組みでしたが、あることをきっかけに、次のようなことを手掛けるようになりました。

きっかけになったあることとは「大手企業のリサイクル法違反」です。

とある大手企業において、排出者から引き取った廃家電の一部が、製造業者以外の者に引き渡されていたことから、経済産業省及び環境省は、家電リサイクル法第16条第1項に基づき、排出者から廃家電を引き取った時は、製造業者等に当該廃家電を引き渡すべき旨を某大手企業に勧告を行ったとのことです。

現状では厳重注意や勧告に留まっていますが、「経済産業省」「環境省」のWEBに違反企業としてずっと社名が残ってしまいます。

家電リサイクル法違反が恐ろしいの点は、「委託業者の一従業員の違反」でも「監督責任」を問われる危険性がある点です。

このような状態から管理会社様から「知らないでは済まされない」「最悪オーナーを巻き込む」とコンプラ相談を頂き、ご支援するようになりました。

たかだかエアコンの入替と思われるかもしれませんが、多くの許認可・法律が絡んできます。

なお、当社がエアコン買取をご提案しているのは、資源として再利用する「リサイクル」とそのまま中古利用する「リユース」では扱いがまるで違うからです。

家電リサイクル法は、エアコンを廃棄して中古品として使用しない時の法律となります。つまり、「買取」時は「リサイクル法」の適用外でありシンプルな運用ができるという訳です。

以上を踏まえ、当社からはコンプラ徹底の為原則買取を提案をしています。

これまでエアコンを廃棄する際には、お客様のご負担分はエアコンの取外料金に加え、家電リサイクル券に費用が負担となっていました。

ただし、弊社であれば、お客様のご負担分は取外料金のみとなり、家電リサイクル券の料金分のご負担が減ります。

さらに、弊社ではエアコンを買取させて頂くので、買い取り代金をお客様にお渡しすることができます。お客様にも喜んで頂けますし、家電リサイクル法に適応されない事から、しっかりと法律を守りつつ対応する事が可能です。

弊社では、エアコンを買取した際、工事完了報告書の提示や提携パートナー業者による台数報告を徹底しているので、不正にエアコンを抜き取ることを防止しています。

買取させて頂いたエアコンは「エアコン販売王」にて、リユース品として再販売させて頂いております。万が一売れ残ってしまい廃棄が必要な場合は、当社がリサイクル券を購入し処分します。

間違いや不正が発生しないように、全品バーコードを付けシステムで管理をしています。また、エアコンを買い取った後は、「買取明細書」を発行し責任の所在を明快にいたします。

弊社がここまでコンプライアンスに意識を向けているのは、多くの不動産管理会社様にご迷惑を掛けないようにするだけではありません。

弊社がコンプライアンスを遵守していることを不動産管理会社様に知って頂き、信用・安心して頂くためでもあります。

お客様の気になるコンプライアンスに関して、ここまで徹底して解説している企業はそこまで多くないと思います。

自画自賛になってしまいますが、これだけ厳重に注意し対策しているので、数多くの不動産管理会社様から膨大な案件を頂いております。つまり、夏場のエアコン取付時のみ一気に稼ぐのではなく、通年通して安定した量の案件を提携パートナー様の方々にお出しできるという訳なのです。

この記事を読んで頂いた際、2つのパターンに分けられると思います。

「色々とルールや注意事項が多くて面倒そう・・・」

「安定した仕事を得る為にはルールを守るべきだ」

後者の考えをお持ちの方であれば、弊社の提携パートナーになって頂きたいと思います。

エアコン取付工事や電気工事に興味があり、安定した収入を得たいと感じているのであれば、下記のバナーをクリックして下さい。

 

⑥実力テスト

TambaCampでは毎週土曜日に、様々なパターンのエアコン取付工事を実施する「実力テスト」を行います。

ちなみに、なぜ実力テストをするのか?

ということですが、しっかりとした理由があります。

その理由は、エアコン取付工事ができるようになり実際に現場にて施工する際、どんなパターンの工事に遭遇したとしても対応できる状態にしておかなければならないからです。

エアコン取付工事は現場によっては、配管を通すスリーブの位置が異なる場合があります。他にもスリーブの位置が異なると、エアコンを取付ける際多少施工方法が変わることも。

スリーブの位置としては、右後ろ、左後ろ、右下、左下、右横、左横など、数多くのパターンが存在するので、スリーブ位置がどこであろうと適切に対応できる状態で無ければならないというわけです。

それに、スリーブの位置以外にも、室外機の位置により施工方法が変わる場合も多々あります。

以上を踏まえ、どんなパターンのエアコン取付工事に対応できるようにする為のテストが、実力テストという訳です。

実力テストを繰り返していく内に、現場対応能力が向上しお客様にとって最適な提案をすることができるようになります。

実力テストの内容ですが、TambaCampの講師陣が各受講生の成長レベルに合わせ施工内容を決定します。標準取付の場合もあれば天吊りの場合もありますし、はしご取付の場合もあります。

実力テストの流れとしては、まず最初に当日行うべき施工内容が紙に張り出されます。内容としては、エアコンを設置する部屋番号や取付の種類が発表されます。

各自実力テストの内容を確認した後、施工時間を把握する為のタイマーを起動させます。すべて施工が完了した後にタイマーの時間を記入し、

どれだけ成長できたのか?

何をすればもっと早く施工できるのか?を確認する事ができます。

タイマーを押した後、各受講生に提供された収納棚から工具や養生毛布、脚立などを取り出します。

施工する際に必要な材料等に関しては、研修で使用する工具や材料が保管してある収納倉庫にて準備をします。

準備が整ったらエアコン取付を開始。

実力テストに限らず普段から練習している研修室は、実際のお客様の室内と想定して施工して頂いています。なので、施工時のゴミやホコリ、壁や床を傷付けない、靴を揃える等を徹底した上で作業してもらいます。

ちなみにですが、研修室でできないようであれば、必ずと言っていい程お客様先で遵守することはできません。つまり、常にお客様先の室内とイメージする事で、元気でんきが求めているサービスを提供する事ができるというわけです。

また、施工途中には管理会社様にお見せする為の写真を撮影します。各工程にてしっかりと作業ができているか確認して頂く為、施工途中に撮影して頂いています。

撮影した写真は、元気でんき専用のデータベースに保存され、いつどこで誰が何を取付けたのかを把握する事ができます。もちろん、管理会社様も確認する事ができるので、マンションやアパートの設備を簡単かつ正確に把握する事ができます。

施工が終了した後、片付けまですべて終了した後、TambaCampの講師によるチェックが入ります。エアコン取り付けに関するチェック項目があり、一つずつ講師の方に確認してもらいます。

このように、自分が施工した内容をTambaCampの講師に確認してもらう事で、

  • 現時点で何が出来ていないか?
  • どうすればもっと綺麗に施工できるのか?
  • 施工時間を短縮するにはどうしたらいいのか?
  • お客様先で何に気を付ければいいのか?
  • お客様に感動してもらうにはどうすればいいのか?

 

このように、新たな課題が明確になり、どうすればいいのかを正確に把握する事ができます。

最終週には「卒業試験」が控えているので、それまでに普段の練習や実力テストにて技術力を上げ、一日でも早く独り立ちできるようになって頂きたいと考えています。

卒業試験に関しては、後ほど詳しく解説させて頂きます。

⑦グループフィードバック

TambaCampでは、各受講生のエアコン取付工事に対してフィードバック(評価)を行います。

まずは4人の受講生のグループを作り、1人ずつエアコン取付工事を行います
※各グループには受講生以外にTambaCamp専属講師が1人付きます。

始めにグループごとにエアコンを2台用意し、1人目は取付、次からは取外し~取付をしてもらいます。事前に時間が決まっているので、時間になったら途中でもそこで終了してもらいます。

2人目以降も、タイムスケジュールに従って進めて頂きます。
※前の人の作業が途中の場合、その状態から始めて頂きます。

施工時間に関しては、次にエアコンを取付ける人にタイムキーパーをして頂きます。

エアコン取付工事中は私語厳禁で、施工している受講生の取付け方をグループ全員でじっくりと観察します。

エアコン取付工事が終了した後、観察していた受講生と講師が施工した受講生に対してフィードバックを行います。

フィードバックをする際に、エアコン取付工事をした受講生に対して、良い所、改善ポイントを各10個以上見付けフィードバックシートに記入します。ちなみにですが、良い所と改善ポイントは必ず10個以上見つけ出して頂きます。

なぜなら、自分でも気付いていない良い所や改善ポイントが4人からもらえるので、成長するスピードが格段に上昇するからです。

エアコン取付工事が早い人でも作業場が汚れていたり、靴が揃っていない場合があります。

また、エアコン取付工事が遅い人は、時間内に取付工事を完了することができないことがあります。

つまり、お互いの良い点を知り、たがいに成長する時間としてグループフィードバックを活用しているというわけです。

エアコン取付工事が早い人は、作業場を綺麗にしたり靴を揃える、作業後のエアコンに汚れが無いか、室内を汚していないか等意識できるようになります。

逆に、エアコン取付工事が遅い人は、作業が早い人がどうやってエアコンを取付けているかじっくりと見ることができます。

背板の位置決めや配管の取り回し、化粧テープの巻き方などを学ぶ事ができます。

フィードバック中見ている受講生は実際にエアコンを取付ていませんが、他の受講生の施工を見ることでものすごく成長することができます。

実際にグループフィードバックをした翌日、両者共にチェックシートにてできていなかった項目が改善されていたという実績があります。

このように、独りよがりでエアコン取付工事を学ぶのではなく、皆の力を合わせ互いに成長できるのが「TambaCamp」という訳です。

TambaCampに参加したい気持ちになった方は、まず下記のバナーをクリックして下さい。

 

⑧エアコン特殊設置工事

Tambacampでは標準取付工事とは違った「屋根置き取付工事」「はしご取付工事」「隠蔽配管工事」等を学びます。

エアコン特殊設置工事に関しては講師が実際に施工を見せてくれるので、どのように施工すれば良いのかを知識・技術共に学ぶ事ができます。

また、現場で頻繁に起きる注意点等も事前に知ることができるので、施工する段階で意識しながら進めることができます。

屋根置き取付工事では、講師が目の前で架台を一から作成してくれるので、とてもイメージしやすくなっています。講師の実演を見た後にすぐ取付けることができるので、学習スピードはものすごく早いです。

TambaCamp中に、屋根置き取付工事を実践できるので、実際の現場に遭遇しても自信を持って対応する事ができます。

はしご取付工事ではTambaCampの敷地内に外壁を作成しているので、実践形式で練習することができます。

ただ、実際の現場では標準取付工事よりも、はしご取付工事の案件数は少ないのが現状です。

とはいえ、標準取付工事だけできてはしご取付工事ができないというのは、お客様の要望に応えることができません。

はしご取付工事とは逆に、隠蔽配管工事が多いという地域もあります。例えば、東京や大阪、名古屋の都心部の高層マンションですね。

建物の構造上、隠蔽配管をしなければならない物件や、エアコンの配管が室内から見えると見栄えが悪い等の理由から、隠蔽配管の形式を取っているという訳です。

隠蔽配管の場合、通常のエアコン取付工事とは違い、掛け繋ぎの状態で施工します。

また、水を排出するドレンホースも特殊なので、知識、技術共に一定のレベルに達していなければ対応する事ができません。

通常のエアコン取付工事だけでは、頂く仕事の量に影響が出るので、隠蔽配管工事もしっかりと学んでおく必要があります。

というわけで、屋根置き取付工事やはしご取付工事、隠蔽配管工事は、エアコン取付工事をする上で覚えておかなければならないというわけです。

ですが、実際にエアコン取付工事を学ぼうとしても、エアコン取付を学ぶ環境だったり、屋根置き架台やはしごを購入し練習するのはハードルが高いと思います。

「エアコン取付工事に関する工具を一式買い揃え、実際に試してみたら合わなかった・・・」

なんてことになったら、購入費用がとても勿体無くなります。

集中してエアコン取付工事を学びたいのであれば、TambaCampに参加する事をオススメします。

 

⑨電気工事講習

TambaCampではエアコン取付工事の進捗状況に応じて、電気工事に関する内容を教えてもらうことができます。

教えてもらえる内容の一覧をまとめてみましたので、参考までにご覧ください。

 

【電気工事座学 内容】

  • ・一般家庭の電気の仕組み
  • ・単相3線式と単相2線式
  • ・単相200V と 三相200V
  • ・分電盤の仕組み
  • ・集合住宅の設備(専有部編)
  • ・集合住宅の専有部の設備
  • ・専有部の工事の注意点
  • ・電力メーター・分電盤
  • ・コンセント・スイッチ・テレビジャック
  • ・換気扇
  • ・電気コンロ
  • ・照明器具
  • ・インターホン
  • ・給湯器
  • ・ウォシュレット
  •  集合住宅の設備(共用部編)
  • ・集合住宅の電気のしくみ
  • ・集合住宅の引込盤・共用盤
  • ・集合住宅の共用灯❶
  •  ①壁スイッチで点灯・消灯
  •  ②自動点滅器で点灯・消灯
  • ・集合住宅の共用灯❷
  •  ③タイマースイッチで点灯・消灯
  •  ④自動点滅器で点灯・タイマースイッチで消灯
  •  ③と④を組合せている集合住宅も多い
  • ・集合住宅の共用灯❸ 誘導灯
  • ・集合住宅の共用灯❹ 非常照明
  • ・集合住宅のテレビ共聴設備❶ 集合住宅のテレビ共聴設備、
  • ・集合住宅のテレビ共聴設備❷ テレビ共闘
  • ・集合住宅のテレビ共聴設備❸ テレビアンテナ レベルチェッカー
  • ・集合住宅のインターホン❶ オートロック 
  • ・その他の設備 高架水槽、エレベーター

 

上記の事例を学ぶことで、今後電気工事に携わる際に役立ちます。

また、エアコン取付工事に関して優秀な成績を収めた受講生に対しては、実際にインターホンや換気扇、照明器具等を交換するといった実習も行っています。

ただ、電気工事の実習を行う際、第二種電気工事士が必要な施工箇所があります。なので、資格が必要な工程を除いたすべての作業をして頂くことになります。

これらの電気工事を学ぶ理由としては、管理会社様から案件を頂くことが多いからです。

管理会社様が取り扱っている物件には、エアコン以外にもインターホンや換気扇、数多くの照明器具があります。

基本的には、屋内の設備に関しては大家さんの物ですが、修理連絡を受けたり工事業者を手配するのは管理会社様が行っています。

なので、夏場にエアコン取付工事だけでも稼ぐことは可能ですが、その他の電気工事を学ぶことで、冬場も安定した仕事を受注することができます。つまり、夏場にエアコン取付工事で沢山稼いだとしても、冬場にはめっきりエアコン取付工事の案件は減るので、夏場に稼げなければマズイ・・・というわけです。

一年通して安定した稼ぎを得たいという方であれば、まず最初に資格が必要ないエアコン取付工事から覚え、資格を取得後電気工事をする流れがオススメです。

TambaCampに参加するのであれば、下記のバナーをクリック「家庭用エアコン取付講習(2日間)」に参加してみて下さい。

 

⑩買取業務フロー

 

TambaCampに参加して頂いた受講生の中から、弊社の提携パートナーとして買取工事の案件を受けて頂いています。

その際、提携パートナーの皆様に快く働いて頂けるように、お客様から好評を頂いた買取業務の流れの情報を共有しています。

 

エアコン買取王での買取対応の場合

まず最初に訪問前確認をして頂きます。

訪問前確認の工程としては下記の通りです。

【訪問前確認】

  • ①スケジュール確認
  • ②事前連絡
  • ③当日確認

 

訪問前確認の工程としては、弊社が利用している専用スケジュールツールにて、案件の内容を確認します。

基本的にスケジュールは17:00までに確定しますので、確定した後に訪問日前日の17:00~20:00の間にお客様に連絡して頂きます。

万が一、電話がつながらない場合には、ショートメッセージ(SNS)を送っていただきます。

訪問時間は、作業現場の地域や道路状況の兼ね合いもありますので、2時間程度の幅でお伝えします。訪問当日には30分~1時間前に、到着予定時刻をお客様にお伝えします。

また、訪問前に住所や部屋番号の再確認、駐車場の有無等の確認を済ませておきます。このように、お客様先へ訪問する前には、確認・報告しておくべき内容があります。

誠実な対応をしないと一瞬で信用を落としますので、お客様に感動を提供する為にもしっかりと事前準備をするようにしましょう。

万が一、現地でお客様が不在の場合は、ショートメッセージの送付と不在票をポストに入れておきます。

当日キャンセルの場合に関しても、必ず弊社に連絡するようにして頂きます。

当日、お客様先に到着した際の流れとしては下記の通りです。

 

【買取現場】

  • ④挨拶
  • ⑤動作確認、買取査定
  • ⑥買取明細書、作成・確認
  • ⑦査定内容説明
  • ⑧最終意思決定確認

 

当たり前の事ですが、お客様にお会いした際には必ず社名と名前を名乗って挨拶して下さい。

買取業務の場合には「エアコン買取王」の名刺をお渡しして頂きます。

続いて、動作確認と買取査定を行います。

査定に関しては、弊社で用意した「ルームエアコン買取査定」表を確認して頂きながら進めるので安心です。

室内機の切欠きや室外機のへこみ、リモコン等の付属品が無い場合には、査定表に従って対応して頂きます。すでに取外されているエアコンに関しては、外装チェックのみで大丈夫です。

注意点としては「リモコンなどの付属品を後日郵送してもらう」という約束はしないようにして下さい。なぜなら、約束したのにも関わらず、後日リモコンなどの付属品が送られてこない事が多数発生したからです。なので、当日査定している状態で、正確な査定をしていただく事になります。

動作確認と買取査定が終了した後、お客様に買取明細書が依頼書と相違ないかお客様に確認して頂きます。確認して頂いた後、必要事項を記入して下さい。

その後、お客様に買取明細書を見せながら査定内容の説明をします。

もし減額対象となる箇所があれば、お客様に必ず理由を詳細にお伝えするようにして頂きます。

査定内容を説明した後、買取明細書の振込先欄に記入をして頂きます。

「弊社が指定した期日までにお振込みいたします」とご説明して下さい。

その際、記入した項目に不備が無いか、文字が読めるのかを確認して頂きます。

文字が読めない場合には、必ずその時点で確認しメモを追記します。

最終意思決定が終了した後、下記の流れで進めていきます。

  • ⑨取外し作業
  • ⑩作業確認
  • ⑪終了挨拶
  • ⑫受入作業

 

エアコンを取外す前には、必ずお部屋内の傷や汚れの確認を行ってください。この時点で確認しておかないと、後々トラブルになる恐れがあるので注意が必要です。

また、取り外しする前に、お客様に配管穴のキャップの有無を確かめて下さい。もし無ければ、既存のパテで穴埋めします。

室外機に関しては、ガス漏れする危険性がありますので、しっかりとボンネットキャップを取付けるようにして頂きます。

訪問した時よりも綺麗な状態にし、ゴミや忘れ物を指さし確認して頂きます。

すべての作業が終了した後、お客様に作業終了の報告と確認をして頂きます。その後、買取完了書の控えをお渡しして下さい。

お客様に御礼とご挨拶を行った上で退出して下さい。

もし、お客様から飲み物など頂いた場合には、必ず弊社専用ツールに報告して下さい。

弊社の各支店に戻った後、買取したエアコンの受入作業をして頂きます。

エアコン情報や工程進捗書、弊社品番シールを貼り、専用ツールに登録して頂きます。

この受入作業に関しては、TambaCamp中に実践と同じ感覚で学んで頂きます。つまり、TambaCamp中にしっかりと買取業務フローを覚えることで、すぐに仕事を獲得し案件をこなすことが可能です。

ちなみにですが、上記の買取業務フローは弊社が考えて作成した物ではありません。

数多くの買取現場をこなし積みあがったデータをまとめ、お客様のニーズを満たしている工程となっています。

ということは、お客様のニーズを満たす工程をこなすことができなければ、他社を抑え仕事を獲得することができません。

数多くの仕事を獲得することができ、安定した収入を得ることができるTambaCampに参加したい方は、下記のバナーをタップして下さい。

 

⑪取付業務フロー

 

TambaCampに参加して頂いた受講生の中から、卒業試験に合格した方に弊社の提携パートナーとして取付工事の案件を受けて頂いています。

その際、提携パートナーの皆様に快く働いて頂けるように、お客様から好評を頂いた取付業務の流れの情報を共有しています。

エアコン販売王での取付対応の場合

まず最初に訪問前確認をして頂きます。

訪問前確認の工程としては下記の通りです。

【訪問前確認】

  • ①スケジュール確認
  • ②事前連絡
  • ③当日確認

 

訪問前確認の工程としては、弊社が利用している専用スケジュールツールにて、案件の内容を確認します。

基本的にスケジュールは17:00までに確定しますので、確定した後に訪問日前日の17:00~20:00の間にお客様に連絡して頂きます。

万が一、電話がつながらない場合には、ショートメッセージ(SNS)を送っていただきます。

訪問時間は、作業現場の地域や道路状況の兼ね合いもありますので、2時間程度の幅でお伝えします。訪問当日には30分~1時間前に、到着予定時刻をお客様にお伝えします。

また、訪問前に住所や部屋番号の再確認、駐車場の有無等の確認を済ませておきます。このように、お客様先へ訪問する前には、確認・報告しておくべき内容があります。

誠実な対応をしないと一瞬で信用を落としますので、お客様に感動を提供する為にもしっかりと事前準備をするようにしましょう。

万が一、現地でお客様が不在の場合は、ショートメッセージの送付と不在票をポストに入れておきます。

当日キャンセルの場合に関しても、必ず弊社に連絡するようにして頂きます。

お客様先に着いた後、施工する前にすべきことがあります。

【施工前】

  • ④挨拶
  • ⑤現場確認、事前説明
  • ⑥追加見積

 

まずは「エアコン販売王の○○です」と名乗って挨拶し、弊社の名刺をお客様にお渡しします。

その後、荷物や工具の運搬等で頻繁に玄関を出入りすることになるので、お部屋に上がる前に玄関に養生を敷いて頂きます。

養生を敷いた後は、下記の項目についてお客様へご説明・ご案内をして頂きます。

  • 1、取付位置
  • 2、穴位置・口径
  • 3、作業時間
  • 4、追加料金

 

上記4点をお客様に確認した後、施工記録の為に施工写真を撮影することをお客様に説明して下さい。

施工写真の件を伝えた後、作業場所付近の元々の汚れや傷などを、お客様と一緒に確認して下さい。

作業前に汚れや傷を確認しておかないと、後々トラブルに巻き込まれる可能性があるので、必ずお客様と一緒に確認しておきましょう。

施工記録の為に施工写真を撮影する許可を頂いていれば、作業場所付近の元々の汚れや傷がある場合証拠となりますのでしっかりと撮影しておきましょう。

もし、追加見積が発生する場合は、弊社の「施工単価表」を元にお見積りをお願いします。

お見積りに関しては「作業確認書兼追加見積書」に記入してお客様にご説明して下さい。

追加見積の件が済んだら、下記の流れに沿って施工に入ります。

【施工中】

  • ⑦現場養生
  • ⑧取付作業
  • ⑨動作確認

 

作業場所には必ず養生毛布を敷いて作業するようにして下さい。

エアコンを取付ける際に脚立を立てたり、工具類や材料を置く際に床を傷付けてしまう恐れがあります。

当たり前の事かもしれませんが、油断すると養生毛布からはみ出てしまい、お客様に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

お客様に感動して頂く為にも、養生毛布一つ疎かにしないようにして頂いています。

また、作業場所付近にある家具家電はできるだけ移動して下さい。

移動できない物に関しては、ホコリが付着しないようにビニール養生を掛けて頂きます。

しっかりと養生した後、エアコン取付作業に入ります。

エアコンを取付ける際に、必ず実施して頂きたい項目が3つあります。

  • 1、真空作業
  • 2、事前のコンセント電圧測定
  • 3、アース配線

 

上記3項目に関しては、エアコン取付工事の中でも特に大切な項目です。

しっかりと真空ポンプを使用し真空作業しないと、室外機内に空気が入ってしまい故障に繋がる恐れがあります。

いくら忙しいとはいえ、真空作業を怠るのは絶対にしないようにして頂いています。

また、エアコンを取付ける前には、必ずコンセントの電圧を測定して頂きます。

エアコンに使用するコンセントが既にあったとしても、絶対に100Vだということはありません。

200Vのコンセントに100Vのエアコンを設置し作動させると故障します。

「この構造は100Vっぽいから大丈夫!」等と甘く見ていると、お客様に多大な迷惑を掛けてしまうかもしれません。

以上を踏まえ、エアコン取付工事をする際には、事前にコンセントの電圧を計測しておくようにしましょう。

3つ目はアース配線です。

設置する際のコンセントにアース端子があれば、室内機からアース線を引っ張り接続して下さい。

万が一、エアコン用のコンセントにアース端子が無ければ、室外機からアースを取るようにしましょう。

事前に伺った情報と違う場合には、必ず本部に確認を取り施工するようにして下さい。自分の判断で施工してしまうと、お客様の望んでいることと異なる場合があるので、迷ったら必ず相談する様にして下さい。

また、新たなクレームを防ぐ為、隠蔽配管工事以外は既存の冷媒配管流用を禁止しており、エアコンを取替える場合には、新しい冷媒配管に取替えて下さい。

エアコンを取付け終わったら、下記の3項目を確認して下さい。

  • 1、動作確認・試運転
  • 2、排水確認
  • 3、リモコン動作

 

エアコンを取付けたとしても、必ず正常に作動するとは限りません。

エアコンのプロとしてはしっかりと試運転をし、エアコンが作動していることを必ず確認するようにしましょう。

また、排水確認も必ずチェックするようにして下さい。

室内機やドレンホースの勾配がしっかりと取れていないと水漏れの原因になります。

勾配を確認する為にはドレンチェッカーを使用し、屋外のドレンホースから水が流れるのを確認するようにして下さい。

来年の夏、お客様から「エアコンから水が漏れてくるんだけど・・・」と言われないように、しっかりと排水確認をするようにしましょう。

忘れがちなのがリモコンの動作確認です。

  1. 正常に冷暖房が切り替えられるか?
  2. お掃除機能が作動するか?
  3. 液晶が消えかかっていないか?

お客様に確認して頂く前に、これらの項目をチェックしておくようにしましょう。

お客様に確認して頂く際にリモコンに不具合があった場合、お客様に「ちゃんと確認したのかしら?」といったような不信感を与えてしまいます。

というわけで、エアコンを取付けた後は、リモコンの動作をチェックするようにして下さい。

エアコン取付工事が終わったら、清掃・片付けに入ります。

【施工後】

  • ⑩清掃・片付け
  • ⑪作業確認
  • ⑫終了挨拶

 

清掃や片付けに入る前に、エアコンの室内機に手垢や汚れがついていないか確認して下さい。

パーツクリーナー等を使用し、綺麗な布巾で綺麗に拭き掃除して下さい。

室内機の清掃が終了した後、作業場所周辺をエアコン取付工事をする前よりも綺麗に清掃して下さい。お客様に感動して頂く為にも、手を抜かず清掃して頂きます。

もし、エアコン取付工事の際に家具や家電を移動させた場合、元の位置に戻して下さい。

元の位置に戻す為、家具家電を動かす前に写真を撮っておくと良いでしょう。もちろん、写真を撮影する際には、お客様の許可を取った上で撮影して下さい。

また、作業場所を離れる際には忘れ物が無いよう確認して下さい。

「忘れ物を取りに行くだけじゃん!」と思った方は要注意です。なぜなら、材料や工具を忘れてしまうという事は、エアコンを取付ける際に必要な作業を本当にしているかどうか?とお客様に思われてしまうからです。

いくら接客が良い上に綺麗にエアコンを取付けることが出来たとしても、忘れ物をするだけで一瞬で信用を失います。

この感覚でない業者の方には、将来的に仕事が回ってこなくなるので、この記事を読んでいる方は気を付けるようにしましょう。

清掃・片付けが終了した後、お客様に作業が完了した旨を伝え、下記の3つの項目を確認して下さい。

  1. 冷える(暖まる)の確認
  2. リモコン説明・時刻設定
  3. 室内汚れ・キズ確認

お客様と一緒に、冷暖房が正常に作動しているか確認して下さい。

季節によっては、冷房で確認するのか暖房で確認するのか変わってきます。

冬場に冷房を確認する際には「強制冷房運転」といった確認方法もあるので、各メーカーどのように対応するのか事前に把握しておきましょう。

ちなみにですが、手をかざしただけで「冷たい」「暖かい」を判断するのは危険です。しっかりと温度計を準備し、どれだけの温度になっているか確認するようにしましょう。

続いては、リモコン説明・時刻設定です。

お客様の中には、エアコンのリモコンの使い方が分からない方もいらっしゃいます。最近のエアコンでは、色んな機能が付いているので分からなくなるのも無理はありません。

そんな時、エアコンのプロである我々が分かりやすく説明し、お客様自身で使えるようにすることが感動していただく事に繋がります。

また、リモコンの時刻を設定するようにして下さい。

リモコンの時間を設定しておかないと、タイマーを設定する際に正しく作動しません。それに、リモコンの時刻を設定するのは、お客様にとって手間ですし分からない場合もあります。

というわけで、お客様に設定してもらうのではなく、必ず施工者が設定するようにして下さい。

リモコンの設定が終わった後、室内の汚れやキズを確認して下さい。

しっかりと室内の汚れやキズを確認しておかないと、数日後にお客様から「業者さんが来る前にはついていなかった汚れがある」と言われてしまう場合があります。

施工前に写真を撮っておけば解決する場合があるので、必ず施工前には写真を撮るようにしましょう。

後、集金がある場合には領収書を発行し現金を受け取って下さい。

清掃・片付け・作業確認が終了したら、お客様に御礼と挨拶を行った上で退出して下さい。

もし、お客様から頂き物があった場合、満足度調査の電話をする際に御礼の言葉を伝えることができるように、必ず専用ツールにて報告して下さい。

  • ⑬施工写真
  • ⑭作業完了報告

 

施工が終了した後、施工前、施工中、施工後の写真を提出して下さい。

ちなみにですが、施工写真がない場合、どのような内容の仕事をしたのか報告することができません。万が一、施工写真が無い場合、報酬をお支払い出来ない場合があるので、必ず撮影するようにして下さい。

また、弊社の専用ツールにて必要事項を入力し、作業完了の報告をして頂きます。これで、エアコン販売王の業務フローは終了です。

おそらく、一般の業者の方、この業界に携わっていない方からしたら、ものすごく手間が多いと感じられるかもしれません。

ですが、数ある業者の中からお客様に選んで頂く為には、これぐらいのことをしなければ仕事をいただく事は出来ません。

お客様が何を望んでいるのか?

どうすれば感動してくれるのか?

を追求した形が、今お伝えした業務フローの流れとなります。

この業務フローにて仕事をもらい収入の柱を築きたい方は、弊社が運営している「家庭用エアコン取付講習(2日間)」にご参加ください。

TambaCampに参加するには、今お伝えした「家庭用エアコン取付講習(2日間)」の優秀者から選ばれる仕組みになっています。

もし、元気でんきの提携パートナーになりたいと考えている方がいれば、まず下記のリンクの内容を見て判断して頂ければと思います。

 

⑫卒業試験

TambaCampでは、卒業後に提携パートナーとして一緒に働ける受講生の方を見極める為に卒業試験を設けています。

TambaCamp説明会でも説明した通り、卒業試験に合格した受講生の方は「ブロンズパートナー」と認定されます。なぜ、卒業試験があるかと言うと、卒業後に即戦力であるかどうかをチェックする為です、

エアコン取付工事の施工品質はもちろんのこと、接客マナーや業務ルールもチェックして合否判定を行います。

また、卒業試験では、普段の練習で使用していたチェックシートとは違い「卒業試験チェックシート」を使用します。

合否判定はTambaCamp講師全員の下、厳正して判定します。

再試験は1度のみ行います。

卒業試験の内容としては、下記の3つのシチュエーションを想定して行います。

  1. エアコン販売王のエアコン取付案件
  2. エアコン買取王のエアコン買取案件
  3. 管理会社のエアコン取替案件

試験は2日間あり、1日目はエアコン販売王案件のエアコン取付と管理会社案件でエアコン取替えをして頂きます。

2日目はエアコン買取王案件のエアコン買取、初日よりも難易度の上がったエアコン販売王案件のエアコン取付をして頂きます。

講師は卒業試験の受講生を3~4任担当して、お客様役となり判定します。

卒業試験の試験内容は、弊社が利用している専用ツールに案件として登録されています。卒業試験の前日にアポ取りをし、今まで学んできた業務ルールに従って頂きます。

注意点ですが、工具やエアコンの搬入・搬出も本番を想定して行って頂きます。

エアコンはお客様支給となっていますが、各自で準備して下さい。

卒業試験は、約30日間一所懸命学んできた集大成でもあります。

泣いても笑っても2日間の卒業試験(再試験も含む)で、弊社から案件をお出しできるかが決まります。

ここまで全力で努力してきた方、まだまだ練習したりなかった方もいらっしゃるかと思います。

ですが、元気でんきの名前を背負ってお客様先に出向くのであれば、卒業試験を合格できるレベルでなければ案件をお願いすることができません。

万が一、卒業試験に合格できなかった場合はどうなるのか?

卒業試験に落ちてしまった場合は、1日だけ再試験の期間を設けております。

再試験で合格すれば、晴れてTambaCamp卒業となります。

TambaCampの卒業試験を無事合格すれば、自信をもって案件をお出しする事ができます。

それに、提携パートなって頂いた後も、TambaCamp生との関係性は続きますので、各個人の成長スピードはものすごく早いでしょう。

将来、安定した収入を得ることができ、末永く繁栄していきたいとお考えの方は、下記のバナーをタップして下さい。

 

⑬契約説明会 

無事TambaCampの卒業試験を合格した後は、元気でんきの提携パートナーとしてご協力して頂く形となります。

TambaCamp卒業後の流れとしては、契約に関する準備や休憩の為一週間程期間を設けた後、詳しい内容を数日後ZOOMにて解説する予定です。

具体的な契約内容を確認し、契約が交わされた数日後から提携パートナーの方々に、スケジュールツールにてお仕事を入れさせていただきます。

ちなみにですが、元気でんきではTambaCampを卒業した後、電気工事業登録をしていない方でも、エアコン取付工事の仕事ができるスキームを確立しています。

「スキーム」とはビジネス業界にて「枠組みを持った計画」という意味を持ちます。

このスキームは、大手家電製品店や大手空調設備メーカーも滅多に知らないような内容となっており、世の中にあまり知れ渡っていません。

万が一、大手企業がスキームの内容を知ったとしても、いくつかの理由から真似ができないでしょう。

それに、圧倒的なスピードで展開しシェアを獲得していくので、知った時にはもう時すでに遅しという状態に。

ちなみにですが、弊社では提携パートナーの方々の評価をする際、お客様の言葉を元に判断させて頂いています。判断する方法としては、弊社のスタッフがお客様一人一人に対して電話を掛けしっかりとヒアリングしています。

ヒアリングによって得られたお客様の評価を元に、ランキング形式を活用しお仕事の内容や案件数を算出しているという訳です。

ようするに、クレームが無くお客様に感動して頂ける仕事を提供できる方は、お出しする単価が上がったり、エアコン取付工事や電気工事の案件数が増えるという仕組みとなっています。

逆に、クレームが多発する上に、お客様に対して不信感や満足感を与えることができない方は、単価が上がらずお出しする案件数が減ります。

数多く案件をこなしていると、段々とできている方とできていない方の差が開いていきます。

TambaCampにてしっかりとエアコン取付工事を学び、卒業後すぐにお客様案件をこなして頂きたいと思います。

もし、この記事をご覧になっている方が、将来的にエアコン取付工事や電気工事を生業にしたいと考えている場合、下記のバナーをタップして下さい。

 

⑬卒業式

TambaCampの最終日前日に卒業式が行われます。

受講生同士で30日間、切磋琢磨した思い出が蘇ることでしょう。

思う通りにいかなかったことが沢山あったと思います。

時間内にエアコンを取付けることが出来なかった方や、他の受講生と打ち解けるのに時間がかかった方。

自らの過ちを受け入れることが出来なかった方等様々です。感じ方は人それぞれですが、TambaCampに参加し得られた物は沢山あると思います。

TambaCampの卒業式ではTambaCamp中に学んで成長できたことや、今後どんな気持ちで取り組むのか?

また、同じ釜の飯を食べた仲間達へのメッセージを伝える時間を設けております。

仲間へ向けたメッセージの内容の一例は下記の通りです。

  • 成長の幅
  • 自己変革について
  • 第一印象からのイメージの変容
  • エアコン取付工事に対して学ぶ姿勢
  • 夜遅くまで一緒に学んだ思い出
  • 受講生同士で日々の食事を作り、同じ釜の飯を食べた思い出
  • お互いに足りない部分を補う関係性
  • 今後の展望

 

このように、TambaCamp受講生同士が同じ受講生に対して、熱い想いを伝える内容となっています。

例えばですが、

  • 第一印象が悪く付き合いたくないと思っていたが、エアコン取付工事を一所懸命学ぶ姿勢を見る内に、お互いに切磋琢磨できる仲間になっていた
  • 他の受講生の「あり方」を見る内に、自らの内面に変化が起きた
  • 本人が気付いていない事を、愛情を踏まえ正直に話してくれた

 

といったように、揚げ足を取ったり否定することなく、勇気を持ってお互いに本音を語り合う関係性を、言葉の節々から感じる事ができました。

TambaCamp中に体験した事を思い出し、スピーチ中に感極まりながら話している受講生の方も。

受講生同士想いを伝え合った後は、1人ずつ卒業証書を手渡しし全体写真を撮影しました。

卒業式が終わった後は、待ちに待った懇親会の始まりです。

懇親会では、TambaCamp中に起きた出来事や楽しかった思い出、今後の目標や仕事に対して取り組む姿勢などを語り合う場となりました。

ちなみにですが、TambaCampを開校した理由は、人間力と技術力をもった経営者を育て共に繁栄してくといった目的があります。なぜなら、この世の中にはTambaCampのようなサービスを提供している会社が無かったからです。

正直な話、TambaCampの開校までの道程は手探りなことが多く、決して簡単な事ではありませんでした。

ですが、TambaCamp卒業生が増え良好な関係性が築けたので、本当にTambaCampを開校して良かったと思っています。

これから益々お客様に感動を与える経営者が増え、世の中に好影響を与えていくことでしょう。

もし、この記事を読まれた方の中で、エアコン取付工事を本気で学びたい、安定した収入を継続的に稼ぎたい、と思われた方は、下記のバナーをタップして下さい。

 

⑭TambaCampの参加条件

ここまでTambaCampにて行われるカリキュラムを解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

おそらく、TambaCampレベルのカリキュラムを受講できるのは、全国どこを探しても他には絶対に無いでしょう。

なぜなら、カリキュラムの内容が某有名トレーニングジムのトレーナーを育てた教育メソッドであり、某有名フランチャイズ企業の全国展開を手掛けた敏腕コンサルタントが監修しているカリキュラムだからです。

企業名が全国的に知られていることから、ここではお伝えする事ができないのでTambaCampに参加した際に講師の方に聞いてみて下さい。

ちなみにですが、TambaCampに参加する際には条件があります。

それは、でんきの学校が主催している「家庭用エアコン取付講習(2日間)」を受講し、その中から優秀者として選抜されなければ参加する事ができません。

弊社としても、それ相応の覚悟をお持ちの方、絶対にエアコン取付工事を覚え安定した収入を得たいと本気で考えている方と関わりを持ちたいのが本音です。

ただ単にエアコン取付工事ができるようになりたいとお考えの方は、他社のエアコン取付講習に参加する事をオススメします。

弊社の家庭用エアコン取付講習やTambaCampは、本気で人生を変えたい方を想定し構築したプログラムです。生半可な気持ちで参加する事だけは、お互いに不利益になるので止めておいた方がいいと思います。

それでもTambaCampを受講したいと思った方は、2日間集中してエアコン取付工事を学ぶ「家庭用エアコン取付講習」をご覧になって下さい。

家庭用エアコン取付講習(2日間)の優秀者に選ばれた場合、TambaCampの費用は無料となります。

ちなみにですが、弊社のTambaCampではただ単にエアコン取付工事ができるようになるだけではありません。

  • エアコン取付工事や電気工事を約1ヶ月間集中してマスターできる環境
  • 上場企業の社員が参加するレベルの教育カリキュラム
  • 本当の稼ぎ方を習得できるマネジメント講座

 

上記項目の内容を受講することで、今までは考えもしようが無かったマインドや稼ぐスキルが身に付くでしょう。

自慢したり誇張する訳ではありませんが、受講生の方々からは100万円以上の価値があるとの言葉を頂いています。

「無料なんて怪し過ぎる・・・」

と感じた方は、ぜひ当社に直接お問い合わせください。

TambaCampに参加する決心がついた方は、下記バナーをクリックし家庭用エアコン取付講習をお申し込みください。