エアコン取り付け工事で独立したいと考えている方におすすめの講習会をご紹介!

今回は家庭用エアコン取り付け工事を学び独立したいと考えている方に対して、おすすめの講習をご紹介させていただきます。

結論から申しますと、おすすめの講習というのは弊社で提供している「家庭用エアコン取付講習」のことです。

弊社の家庭用エアコン取付講習では、

  • 初心者の方でも安心して学べる
  • 短期間でエアコン取り付け工事を学べる
  • 他社の講習では教えてもらえない有益な情報を知ることができる

 

このようにエアコン取り付け工事に対して、必要な知識や経験、仕事の獲得方法等を学ぶことができます。

エアコン取り付け工事を学んで独立する方法は他にもないの?

と考える方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、家庭用エアコン取付講習の他にも、エアコン取り付け工事を学び独立する方法は存在します。

ちなみにですが、私が家庭用エアコン取付講習をおすすめする理由は、他の方法でエアコン取り付け工事を学ぼうとした場合、手間がかかる上に時間を浪費してしまうと考えているからです。

以上を踏まえ、家庭用エアコン取付講習がなぜおすすめなのかを知っていただく為に、まず最初にエアコン取り付け工事の学び方を3つご紹介します。

エアコン取り付け工事を学ぶ為の3つの方法

エアコン取り付け工事を学ぶための3つの方法はこちらです。

  1. 一人親方の下で学ぶ方法
  2. 空調設備会社で学ぶ方法
  3. 独学で学ぶ方法

これらの3つの方法を把握する理由としては、エアコン取り付け工事を学ぶための選択肢を知ることと、方法ごとの特徴を知っていただく為です。

事前にエアコン取り付け工事を学ぶ選択肢を知ることで、余計な手間や時間を省くことができます。

それでは一つずつ順番に解説していきます。

 

①一人親方の手元として学ぶ方法

エアコン取り付け工事を学ぶ方法の1つ目は「一人親方の手元として学ぶ方法」です。

手元として働く際のメリットとしては、実際のエアコン取り付け工事現場に同行し学ぶことができます。

ただ「本気でエアコン取り付け工事を学び独立したい!」と思っているのであれば、一人親方の手元として学ぶ方法は考え直した方がいいかもしれません。なぜなら、一人親方の手元でいると、エアコン取り付け工事を学ぶ成長スピードが非常に遅いからです。

すべての方が該当するとは言いませんが、一人親方は基本的にエアコンの取り付け方を現場で教えてくれません。

また、夏場の繁忙期では1日に何件も回らなければならないので、エアコン取り付け工事を手元に教える暇が無いことから「見て盗め」という教育方針が多いです。

それに、手元として採用した人材がエアコン取り付け工事を覚え巣立ってしまったら、エアコン本体や工具の運搬、取り付け後の後片付け等の雑務を任せることができなくなります。

その結果、1日に何件ものエアコンを取り付けることが出来なくなることから、手元に対して親切丁寧にエアコン取り付け工事を教えるということが考えにくいという訳です。

もちろん、手元をしっかりと教育し、エアコン取り付け工事を1人でこなせるように育てる親方もいます。

育てる理由としては、自分の抱えているエアコン取付工事の仕事を割り振ることで手数料を取ることができるからです。つまり、1人で働くよりも効率よくお金を得ることができるという訳ですね。

もし、教育に意欲的な一人親方と良好な関係性を築くことができれば、エアコン取り付け工事を素早く覚える事ができ、独立するまでの期間が短くなるかもしれません。

以上を踏まえ、一人親方の手元としてエアコン取り付け工事を学ぼうと考えている場合は、良く考えた上で決断するようにして下さい。

 

②空調設備会社で学ぶ方法

エアコン取り付け工事を学ぶ方法の2つ目は「空調設備会社に就職して学ぶ方法」です。

空調設備会社に就職すれば、一人親方の手元で学ぶよりも早くエアコン取り付け工事を学ぶことができる可能性が高いです。

なぜなら、空調設備会社としては少しでも早く1人で動けるようになって欲しいと考えているので、多少の時間を割いてでもエアコン取り付け工事を新人に教育しようとするからです。

入社したての時期はエアコンの特徴や種類、工具の取り扱い等を理解していない状態なので、ある程度成長するまでは教育しなければなりません。

しばらくの間はエアコン本体や工具の運搬、取り付け後の後片付け等がメインとなると思いますが、徐々にエアコン取り付けを教えてもらえると思います。

ただ、空調設備会社を選ぶ際に気を付けておくべき点があります。

それは、労働時間や給料、福利厚生に関してです。

質の悪い空調設備会社に就職してしまうと、定時時間が長い上にサービス残業があったり、給料や福利厚生が良くないケースがあります。

長時間の労働を強いられる上に、ギリギリ生活していける程の給料や福利厚生であれば、いくらエアコン取付工事を学び独立したいと思っても厳しいものがあります。

もちろん、就職先の雇用条件を事前に確認しておけば良いのですが、入社後に実際の雇用条件と相反する内容を突き付けられる可能性も無いとは言い切れません。

以上を踏まえ、エアコン取付工事を学び独立を考えているのであれば、事前に空調設備会社の雇用条件や評判等をしっかりと調査した上で就職するようにしましょう。

 

③独学で学ぶ方法

エアコン取り付け工事を学ぶ為の方法の3つ目は「独学で学ぶ方法」です。

一人親方や空調設備会社の下で学ばないとすれば、残る方法としては独学で学ぶしかありません。

独学で学ぶのはハードルが高そう・・・

と思われるかもしれませんが、インターネットやスマホの普及により、知りたい情報を得やすい世の中になっているので、決して独学でエアコン取付工事を学ぶことができないという訳ではありません。

今現在では、YouTube上でエアコン取付工事に関して詳しく解説している動画もありますので、その動画を見て学ぶことは可能だと思います。

ようするに、本人のやる気次第でどうにかなるという訳ですね。

注意するべきなのは、独学で学んだエアコン取付工事を正しく施工できているのか?という点です。

 

見よう見まねでエアコンを取付けることはできると思いますが、

  • 室内機が壁から落ちてこないようにしっかりと固定できているか?
  • 水漏れしないように室内機を水平に取付けることができているか?
  • 冷媒配管の接続はできているか?

 

このように、エアコン取付工事の中でも重要な箇所が正しく施工できているかどうかが重要となってきます。

万が一、様々なトラブルが発生した場合、時間や手間はもちろんのこと多額の損失を発生させる恐れがあります。

例えば、独学でエアコンを学び繁忙期の夏場にエアコンを100台設置したとします。その際、冷媒配管の接続を根本的に間違えて覚えていた場合、ほとんどのエアコンにてガス漏れが起こりクレームが多発します。

その結果、本来であれば発生しないはずの工数、冷媒ガスの材料費、燃料代がかかってきます。

もちろん「現場で学び成長するのが大事」とお考えの方であれば、独学で学び仕事をこなしていただいても構いません。

もし、しっかりとした指導者の下で、エアコン取付工事を確実に覚えたいとお考えの方は、独学以外の方法で学ぶ方がいいと思います。

 

 

エアコン取り付け工事で独立する為におすすめの学習方法は「家庭用エアコン取付講習」

ここまで、エアコン取付工事を学ぶ3つの方法をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

この記事をご覧になって、自分に合った学び方を選択していただければと思います。

私としては冒頭でもお伝えした通り「家庭用エアコン取付講習」に参加し、しっかりとエアコン取付工事を学ぶことをおすすめします。

では、なぜ私がここまで「家庭用エアコン取付講習」をおすすめするのか?ということですが、実は理由があるんです。

おすすめする理由は、冒頭でもお伝えしたこちらの3点に集約されています。

  1. 初心者の方でも安心して学べる
  2. 短期間でエアコン取り付け工事を学べる
  3. 他の講習では聞くことができない有益な情報を得ることができる

これだけでは説明不足なので、一つずつ詳しく解説させていただきます。

 

①初心者の方でも安心して学べる

家庭用エアコン取付講習では、エアコンに関して知識や経験の無い方でも、しっかりと学べるカリキュラムを提供しております。

例えば、エアコンの構造や仕組み、工具の使い方等の初歩的な所から丁寧に解説します。

分からない事に関しては専門の指導者に気軽に質問できるので、しっかりと理解した状態でエアコン取付工事を学ぶことが可能です。

ちなみにですが、エアコン取付工事を学びたいと考えた際、エアコンを取付ける為に必要な場所や専門工具を準備しなければなりません。

まだエアコン取付工事が自分に合っているかどうか分からない状態で、エアコン取付の為に場所を借りたり、専門工具を一式買い揃える場合、まとまったお金が必要となります。

家庭用エアコン取付講習では、エアコン取付工事の為の場所はもちろんのこと、取付ける際に必要な専門工具や材料をすべて用意しております。

つまり、家庭用エアコン取付講習では、事前に多くのお金を投資しなくてもエアコン取付工事を学ぶことができるという訳です。

 

②短期間でエアコン取り付け工事を学ぶことができる

家庭用エアコン取付講習では、基礎的なエアコン取付工事を2日間集中して学ぶことができます。

2日間集中して学ぶことができるという事は、今現在企業に在籍している方でも休日や有給を活用することで、退職や転職することなくエアコン取付工事を学ぶことが可能です。

つまり、副業やWワークでエアコン取付工事を学びたいと考えている方にとっては、家庭用エアコン取付講習は最適な学習方法という訳です。

先程もお伝えした通り、一人親方や空調設備会社の下でエアコン取付工事を学ぶ場合、覚えるまでに時間がかかり過ぎたり、今現在の仕事を辞めて就職するという大きなリスクがあります。

というわけで、家庭用エアコン取付講習は様々なリスクを取り除いた状態で、エアコン取付工事を学べることができるのでおすすめしているという訳です。

 

③他の講習では聞くことができない有益な情報を得ることができる

弊社の家庭用エアコン取付講習では、他社のエアコン取付講習では教えてもらえない有益な情報を得ることができます。

詳細まではお伝えする事ができませんが、エアコン取付工事を覚えた後の仕事の獲得方法や、エアコン取付工事の需要が減る冬場の閑散期でも稼げる方法をお伝えしています。

ちなみにですが、エアコン取付工事ができるようになった場合、家電量販店や元請け先から多くのエアコン取付工事の仕事を受注することができます。つまり、頑張れば頑張った分、収入が得られるというわけです。

注意しなければならないのが、エアコン取付工事ができるようになっただけでは、近い将来仕事の単価が下がってしまったり、受注量が減ってしまった際食べていけなくなる可能性があるということです。

その理由としては、将来的にエアコン取付工事ができる人材が増えた場合、価格競争や仕事の取り合いになるかもしれないからです。

今現在はエアコン取付工事が稼げるという事を知らない人が多いので、必然的に仕事を受注する事ができます。ですが、エアコン取付業者が多くなり過ぎた場合、エアコンを取付けるだけでは仕事を受注する事が難しくなってきます。

家庭用エアコン取付講習では、このような状況に陥ったとしても継続的に仕事を獲得できる方法をお伝えしているので、他社のエアコン取付講習よりもお自信を持っておすすめしています。

以上を踏まえ、弊社の提供する「家庭用エアコン取付講習」が、真剣にエアコン取り付け工事を学びたいと考えている方にとっておすすめできるという訳です。

 

まとめ

今回は家庭用エアコン取り付け工事を学び独立したいと考えている方に対して、おすすめの講習をご紹介させて頂きました。

冒頭でもお伝えさせて頂きました通り、でんきの学校ではエアコン取り付け工事を学びたいと考えている方に向け、2日間でエアコン取り付け工事を学べる「家庭用エアコン取付講習」という講習を開催しております。

本当にエアコン取付工事を学びたいとお考えの方は、こちらか下記のバナーをタップして下さい。

↑↑こちらをタップ↑↑