エアコンが臭いのはなぜ!?その原因はエアコンクリーニング掃除業者の清掃方法にあった!

 

みなさん、こんにちは!

でんきの学校卒業一期生の伊藤です。

 

あなたは今現在、

「専門業者にエアコンクリーニングをしてもらったんだけど、数ヶ月したらまた匂うってどういうことなの・・・」

といったようなお困り事を抱えていませんか?

 

エアコンクリーニングをしたけど、臭いが消えないと悩んでいる方の中には、

「吹き出し口から出るすっぱくて臭い匂いが耐えられない・・・」
「お金を払って洗浄してもらったけど、あまり効果が無いって・・・」

 

このような悩みを抱えている方が大勢いらっしゃいます。

多くの方はエアコンの臭い匂いを何とかしたいと思い、エアコンクリーニング業者に依頼したハズ・・・

なのに、数ヶ月してからまたエアコンから臭い匂いがしたら、何のためにお金を払ったのか分からないですよね?

そこで、今回は皆さんの貴重なお金を無駄にしない為にも、エアコンクリーニングをしても臭い匂いが消えない原因と解決策をご紹介していきます!

 

エアコンクリーニングをしても臭いが消えない原因とは?

エアコンクリーニングをしても臭い匂いが消えない原因は、室内機内のカビや汚れをしっかりと取り除けていないことです。

「なんでクリーニングをしたのに、室内機内のカビや汚れを取り除けていないの?」

と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

正直な所、壁に掛けたままの一般的なエアコンクリーニングの方法では、目に見える範囲のカビや汚れを除去しているだけで、熱交換器の裏側やドレンパンの通り道、シロッコファンの裏側などのカビや汚れを除去できません

その結果、エアコンクリーニングで取り除くことができなかったカビと、冷房運転時に発生する水分が合わさることで、カビ臭い匂いやすっぱい匂いが再び発生してしまうという訳です・・・

「臭い匂いを無くしたいと思ってクリーニングを頼んだのに・・・」
「これじゃあ、結局またお金を払って洗浄しなきゃいけないの?」

 

このように、不満が出てしまうお気持ちは痛いほど分かります。

とはいえ、非常に残念ではありますが、済んでしまったことは変えられません・・・

 

これ以上損をしない為にも、カビ臭い匂いやすっぱい匂いを消すことのできる対処法をご紹介させて頂きます。

 

室内機内のカビやホコリをしっかりと取り除く方法

エアコンクリーニングをしても臭い匂いが消えなかった場合、最善の対処法としてエアコンの「分解洗浄」を依頼するようにしましょう。

エアコンの分解洗浄とは、熱交換器の裏側やドレンパンの通り道、シロッコファンの裏側など、通常のクリーニングでは洗浄することができない箇所を洗浄することが可能です。つまり、分解洗浄では室内機内のカビや汚れを可能な限り取り除くことができるので、カビ臭い匂いやすっぱい匂いを除去する可能性が非常に高いという訳です。

これらの各パーツを洗浄すると、カビやホコリを綺麗に取り除くことができるという訳です。ちなみにですが、分解洗浄の方法は2種類ありますので、一つずつ紹介していきたいと思います。

 

①分解洗浄(お持ち帰りver)

1つ目は、エアコンの室内機を一度取外し、業者が持ち帰って洗浄する方法です。

エアコンを分解し洗浄した後、しっかりと組み立てをし改めてお客様のご自宅へエアコンを取付けます。

通常、1~2週間ほど時間がかかるので、暑い時期に依頼するとエアコンが使えなくなってしまいます。もし可能であれば、エアコンを使わない時期に依頼する事をオススメします。

費用としては、業者にもよりますが大体2~3万円程度かかると覚えておいてください。

通常の壁掛け洗浄では、お値段が7,000円から10,000円ぐらいなので、分解洗浄の方が2~3倍の金額がかかります。

いくら費用が高くなると言っても、カビや汚れをしっかりと取り除くことができるので、通常の壁掛け洗浄よりも、分解洗浄の方が間違いなく良いですね。

 

②分解洗浄(壁掛けver)

2つ目は、エアコンの室内機を壁に掛けたまま、パーツを分解し洗浄する方法です。

この方法だと壁にかかったままでも、ファンやドレンパンを外し洗浄することができるので、一般的なエアコンクリーニングよりも、しっかりとカビやホコリを取り除くことができます。

注意点としては、壁に掛かったままファンやドレンパンを外せない機種もあるので、依頼する際にはエアコンの型式を伝えるようにしましょう。

所要時間は大体3~4時間程度を見て頂ければ良いかと思います。

お持ち帰りしない分解洗浄なので、暑い時期でも支障なく依頼することが嬉しいですね。

費用としては、お持ち帰りの分解洗浄と同じ相場である、2~3万円程度かかります。

また、お掃除機能が付いているエアコンに関しては、お持ち帰りと壁掛け関係なく10,000円前後費用が上がると覚えておいてください。

ちなみにですが、分解洗浄がオススメと言いましたが3~4万円も洗浄費がかかるなら、いっそのこと本体ごと取り替えてしまうのも一つの手です。

もし仮に10年以上使用しているエアコンであれば、分解洗浄するよりも取替えするのをオススメします。

なぜなら、10年以上経過するエアコンは、いつ壊れるか分かりませんし今のエアコンよりも電気代が高くなる可能性があるからです。

例えば、6畳用のお掃除機能無しのエアコンであれば、工事費込みで6~7万円で対応してくれる所もあります。

元々容量が低く安いエアコンであれば取替えても良いですが、20~30万円で購入したエアコンであれば、分解洗浄の方が良いかもしれません。

さすがに、4~5年使用してもう一度20~30万円は、お金がもったいないですからね^^;

もし、新品ではなく中古のエアコンでも良いという場合であれば、弊社が運営している「エアコン販売王」をご覧ください。

しっかりと洗浄&整備されたエアコンを、数多く取り揃えております。

ぜひ一度、ご覧になって下さい。

まとめ

エアコンクリーニングをしても臭い匂いが消えない原因と、適切な解決策をご紹介させて頂きました。

通常のエアコンクリーニングをしていた方にとっては、少しショックな事実だったかもしれません。

ですが、エアコンクリーニングの実態と取るべき行動を知ることができたと思いますので、これ以上無駄な出費を重ねることが無くなります。

使用しているエアコンの容量や年式、カビの汚れ具合を検討して、分解洗浄をするのか本体ごと取り替えてしまうか検討してみて下さい。