脱サラしたいあなたへ|失敗する人の特徴と起業成功におすすめの職種

「毎日会社に行く生活に違和感がある」
「先輩を見ているとイマイチなりたいと思えない」
「上司が露骨に嫌がらせをしてくる」

などの理由で脱サラをお考えではありませんか??

この記事では脱サラに失敗しやすい人の特徴やおすすめの職種を紹介します。

今回の内容を知らずに脱サラすると失敗する可能性が上がってしまうので、最後までぜひご覧ください。

脱サラは安易にするものではない

前提として、脱サラは安易にするものではありません。

たとえば嫌いな上司がいるのなら脱サラではなく部署の変更を人事に打診するのが無難です。また会社の立地が気に入らない、通勤電車がきつい、もっとやりがいが欲しいのであれば転職によっても目的は達成されるでしょう。

つまり「今のこの環境を変えたい」程度のモチベーションで脱サラを選ぶのは懸命ではないということ。

会社の看板を借りずに、仕事の分担もせずにすべての業務を自分一人の責任で行うのは大変なことだからです。

楽を選んで脱サラした人は、サラリーマンのとき以上のストレスや長時間労働に耐えられない可能性が高いのですね。

脱サラで失敗する人に共通する点

脱サラで失敗する人に共通する3つのポイントを紹介します。

  • ・予算不足
  • ・市場のニーズをわかっていない
  • ・サラリーマン時代と関係のない仕事をする

予算不足

まず脱サラに失敗する人は事業を興す予算があまりない状態で脱サラし、起業してしまっています。

脱サラ初月からそれまでの給料分の収入を得られるパターンは稀。

最低限半年分の生活費は貯金しておきましょう。

開業資金のみ用意して生活費は2~3ヶ月分しかないのでは、開業初月から生活費以上の利益を上げていかねばならなくなります。

たとえば飲食店などを開業するにはお金がかかりますよね。

開業資金として2000万円必要として、貯金は1000万円。だったら足りない1000万円を融資してもらって開業しよう、となりそうですが、さらに生活費を残さねばならないのです。

仮に生活費が月30万円かかっているのだとすれば、30万円×6ヶ月で180万円は手元に残しておかなくてはなりません。

よって貯金から開業資金に充てられる金額は800万円まで。融資は1200万円必要です。

もし1200万円の融資が下りないのであれば、まだ開業には予算不足だったということです。

もう少し貯金をしてから挑みましょう。

もしくは計画を見直してフランチャイズに入るか、事業を見直してローコストで開業できるようにするのも一案です。

「脱サラ後の成功職種とは?独立・起業で失敗しにくい仕事の特徴4選も」では脱サラに成功しやすい職種を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

市場のニーズをわかっていない

市場のニーズをよくわかっていないのも、脱サラに失敗する人の特徴です。

サービスとはどのような形であれ「Aという悩みを持ったBな人に、Cという解決方法を提供する」ことが本質です。このABCが答えられないようでは分析が甘すぎと言わざるを得ません。

さらに言えば「Aという悩みを持ったBな人」は本人の頭の中だけに存在する「都合のいい誰か」ではダメ。きちんと実在するのかデータで裏付けする必要があります。

また「Cという解決方法」をサービスとして展開して「人が来ない」となりがちなのも、市場をよくわかっていないからといえます。ターゲットが「どこにどれだけ」いるのかも含めてリサーチして「Aという悩みを持ったBな人」にきちんとサービスを知っていただけるよう適切にアプローチする方法を考えましょう。

サラリーマン時代と関係のない仕事をする

サラリーマン時代と関係のない仕事をするのも脱サラに失敗しやすい人にありがち。

やはりスキルも知識も実績もない状態でお金を稼いでいけるほど、ビジネスは甘くない事が多いのですね。

先述の通り「お金を稼ぐ=価値提供の対価」なので、サラリーマンとして何十年も培ったスキルと無関係の仕事では価値を提供しづらいのです。

たとえば農協を早期退職した50代男性が「流行っているから」という理由で(それまで絵も書いたことがなかったのにもかかわらず)Webデザインを退職後イチから勉強して独立、というのはかなりハードルが高いのはおわかりいただけるでしょう。

それならば農協時代のコネを活かして地元の有機野菜を安価で仕入れて、材料にこだわったラーメン屋さんを開業するほうがまだハードルは低そうです。

もちろんサラリーマン時代の仕事内容とまったく同じ業務内容で脱サラできるのが一番。

ただそうでなくとも現職と少しは関連のある仕事として強豪との差別化を図るのが無難です。

脱サラは副業から始めるのがおすすめ

脱サラはまず副業として始めることを強くおすすめします。

というのも予算なし・ニーズ不明・現職とまったく関係のない仕事、という三重苦のような状況でも「副業」であればコケても食いっぱぐれないからです。

また副業であれば現職とまったく関係のない仕事であったとしても、本業で収入を得ながらスクールに通いながらスキルを身につけけられるので、脱サラへの障壁が下がります。

副業からはじめる脱サラは「今のこの環境を変えたい」程度のモチベーションでも、現職と並行して「スキルを習得(独学、スクールに通うなど)→副業で始めてみる→ニーズがわかれば副業の比率を上げる→資金がショートしない見通しがたてば脱サラ」という理想の流れが作れるのです。

おすすめ職種はエアコン取付

ここで脱サラにピッタリの職種としておすすめしたいのが電気工事、それもエアコン取付を中心とした働き方です。

「エアコン取付?なんかパッとしないな」と思われるかもしれません。

ただ以下を読んでいただけると脱サラにおすすめする理由がおわかりいただけます。

  • ・ノウハウを教わる環境がある
  • ・副業から始められる
  • ・ニーズが高い

ノウハウを教わる環境がある

でんきの学校であれば、エアコン取付のノウハウを2日間で習得可能です。

今の環境を変えられるチャンスがたった2日間の基礎講習で手に入れられるのです。

ネットビジネスや店舗ビジネス問わず、通常何かしら脱サラできるだけのスキルを習得しようと思うと、数ヶ月~数年以上かかるのが普通。それが2日間ということで「とりあえず試してみよう」くらいのモチベーションで問題ありません。

副業から始められる

2日間の基礎講習後には休日を利用した副業として始めることが可能です。

エアコン取付は現場ごとで完結しているためです。

もしフリーランスとしての働き方が肌に合わず「やっぱり脱サラやめたい」となったとき、いつでも今の会社に戻れるのは大きなメリットといえるでしょう。

ニーズが高い

エアコン取付をはじめとする電気工事はニーズが担保されています。というのも需要が膨大にもかかわらず、人手が常に不足している状況だからです。

たとえば会社のオフィスや家庭で部屋を見回してください。電気がなくては動かないもので部屋が溢れているのがおわかりいただけるでしょう。これらの電化製品がつながっているコンセントは電気工事なくては使えません。

それくらい重要な電気工事にもかかわらず、あなたの周りに電気工事を仕事としている人はどれほどいるでしょうか?

一人もいない、という方が大半だと思います。つまりそれくらい人手が不足しているのですね。

脱サラしたい方の第一歩にでんきの学校を

脱サラしたい方はぜひエアコン取付を、そしてそのスキルを2日間で習得できてスピーディに脱サラの準備ができる「でんきの学校」をご検討ください。

脱サラに失敗しやすい理由は以下3つです。

  • ・予算不足
  • ・市場のニーズをわかっていない
  • ・サラリーマン時代と関係のない仕事をする

そこでおすすめなのは副業から始めること、副業として始められる職種を選ぶことです。

さらにエアコン取付を中心とする電気工事であれば「2日間でスキルを習得→副業で始めてみる→資金がショートしない見通しがたてば脱サラ」と、失敗しない脱サラの流れを作れるのです。

興味がでた、詳細を知りたいという方はこちらのページからエアコン取り付けの詳細を確認の上、説明会へ申し込みしてみましょう。